logo

OKI、車両への取り付け容易な超小型の車々間通信装置を開発

Tokyo, Nov 29, 2010 - (JCN Newswire) - OKI(TSE:6703)は、このたび車両間または車両と歩行者間の直接通信(以下、それぞれ車々間通信、歩車間通信)を実現する、世界最小クラスとなる超小型サイズの車々間通信装置(以下「簡易小型IVCユニット」)を開発しました。車々間通信に使用するアンテナ、LED/ブザーによる簡易表示、GPS(注1)モジュールおよび加速度センサなど、外付けで装備していた部品を装置へ内蔵し、従来品より一挙に約1/11の小型化を実現しました。本装置の小型化により、車両のインストルメントパネル上部やフロントガラスなどへの搭載を想定した検証も可能となり、車々間通信の実用化に向け大きく寄与します。


現在、安全・安心な道路交通の実現に向けて、安全運転支援用車々間通信システムの開発が進められています。OKIは車々間通信の開発で培った技術を応用し、2007年5月には、国民の8割以上に普及している携帯電話を活用した、歩行者安全支援の可能性を示す「安全携帯端末」を発表しました。さらに2009年1月には、システムの評価、歩行者安全支援アプリケーションの検討および効果検証をより容易とするために、国内の携帯電話に接続して使用することができる「安全携帯アタッチメント」の試作にも成功しました。


このたび開発した「簡易小型IVCユニット」は、上記の「安全携帯アタッチメント」のハードウェア技術をさらに発展させ、車載機へ適用したもので、当社にて開発してきた従来の5.8GHz帯車々間通信装置の約1/11の容積となる、50mm×57mm×26mmの装置サイズを実現しました。また、従来はケーブルにて外部接続していた車々間通信用アンテナ、LEDやブザーなどのサービス提供用表示装置、GPS受信器およびアンテナ、加速度センサとジャイロセンサも内蔵したため、外部接続機器を必要とせず、車両への搭載方法もより簡単に実現できるようになりました。具体的には、インストルメントパネル上部、フロントガラスなどへの設置を想定しています。


「簡易小型IVCユニット」の利用により、内蔵のGPSからの位置情報を車々間通信機能により周辺車両へ通知するとともに、周辺車両の位置情報を取得することが可能になります。また、車両相互の位置関係により衝突事故発生の可能性を検出した場合に、事前に注意喚起を行うことが本装置のみで可能になります。これにより歩行者・道路・車両間の通信システムへ技術的貢献を果たすとともに、交通事故低減の実現に寄与していきます。


今後は本装置をベースに、通信性能をさらに向上させ、またシステム構築の技術開発を進めるとともに、安全支援アプリケーションのみならず、快適走行支援や環境効率走行支援への適用検討も進めていきます。またUHF帯の車々間通信機能の実装やIEEE802.11p(注2)への拡張開発も計画しています。


【用語解説】
注1 GPS(Global Positioning System)
全地球測位システムと言い、地球上の現在位置を調べるための衛星測位システム。
注2 IEEE802.11p
DSRC通信向けの規格として、ネットワークや各種インターフェースの規格を決める活動を行っているIEEE(Institute of Electrical and Electronic Engineers Inc.)で現在検討されている。


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 村川
電話:03-5403-1247
e-mail:press@oki.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
社会システム事業本部 交通・防災システム事業部 無線技術研究開発部
電話:046-847-5139

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事