logo

購買行動と意識の年代差 ◆やっぱり「買物は楽しい」! ◆買物上手な若年層!? ◆男性はネットで価格チェック、女性はポイントカード・クーポン券利用で賢くお買物

株式会社I&S BBDO(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤和豊)ストラテジックプランニンググループR&Dでは2010年5月、全国の一般消費者(18~69歳男女)を対象に実施した調査の中から、「買物行動と意識」について分析した。

個人消費の低迷が続いている中でも、「買物は楽しい」と答える人(「あてはまる」と「ややあてはまる」の合計)は全体で8割を超えており、気持ちの上では買物を楽しんでいることが明らかになった。

また、若年層の「買物離れ」が話題になっているが、「自分は買物上手だと思う」は男女とも「25~29歳」が最も高く、「買物嫌い」なのではなく、上手に「賢くお買物」をしている結果とも考えられる。

さらに、「同じ商品ならいろいろお店を回って価格を調べる」は「男性18~24歳」が最も高く、買物に時間をかけている傾向も見られた。男女別で見ても、「買物前にネットで価格を調べる」のは男性の方が女性より高く、マメに価格をチェックしていることがうかがわれる。逆に、「ポイントカードやクーポン券をよく利用する」人はやはり女性の方が高い傾向が見られた。

詳細なデーターはこちらからご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。