logo

アイコムシステック、「アンドロイド端末用グラフチャートライブラリ」をオープンソースソフトウェアとしてGoogleCodeにて無料公開

アイコムシステック株式会社 2010年11月25日 11時00分
From DreamNews

 システム開発会社であるアイコムシステック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田義明、以下:アイコムシステック)は、「アンドロイド端末用グラフチャートライブラリ(開発コード:Island)」のオープンソース版(αバージョン)をインターネットで公開しました(リンク)。
システム開発会社であるアイコムシステック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田義明、以下:アイコムシステック)は、「アンドロイド端末用グラフチャートライブラリ(開発コード:Island)」のオープンソース版(αバージョン)をインターネットで公開しました。

今回公開したのは、Javaで記述されたフリーのグラフライブラリ「JFreeChart」をベースとしてAndroid向けに移植したものです(プロジェクト名:AFreeChart)。Android機器特有の処理が実装されているなどの違いがありますが、基本的な機能や使い方は「JFreeChart」と同じもので、移植予定の25種類のうちの5種類です。

アイコムシステックは、AFreeChartのソースコードを「Google Code」で公開し、誰でも本ライブラリの改良・再配布を行えるようにいたしました。本公開により、外部の開発者の参加を可能にすることで開発力を強化し、オープンソース版の成果を今後の「Island」に取り込んでいく予定です。

アイコムシステックは、今後も本ライブラリの機能拡張を進めるとともに、本ライブラリを実装したアプリケーションの開発・販売も予定しており、新規事業開拓を積極的に推進していきます。


■今後の予定
(1)「Google Code」への公開
今後もα版からの公開を順次、積極的に行っていきます。

(2)SDK版(有償)リリース
サポート付きの高機能版を2011年1月末より販売予定です(価格等未定)。詳細は、アイコムシステックホームページ等で発表していきます。

(3)EM3への組込み
一般社団法人OESF(注1)が提供するEM3(注2)へ組込みます。一般公開は2011年3月末予定。詳細は、OESFホームページまたはアイコムシステックホームページ等で発表していきます。

(4)アプリケーション販売
本ライブラリを組み込んだアプリケーション(開発コード:TicTac)を2011年4月より販売開始。詳細は、アイコムシステックホームページ等で発表していきます。


(注1)一般社団法人Open Embedded Software FoundationはOpen Handset AllianceのオープンソースプロジェクトであるAndroidをベースとした組込みシステムの開発、構築等の事業に携わる企業により組織され、会員企業間での技術情報の共有、ベースとなるシステムの共同開発、技術者の育成、組込み市場に対する共同マーケティング等を通じて、市場の発展と、各会員の事業の拡大を目指し組織された。2009年2月設立。アイコムシステックは、2010年6月加盟。

(注2)Embedded Masterの略。OESFが公開する各種組込みシステム向けに拡張を行った、Androidのディストリビューション。現在、EM2を提供中。


■ 関連URL

(1)AFreeChartライブラリ紹介ページ : リンク

(2)一般社団法人OESFホームページ : リンク

(3)アイコムシステックホームページ : リンク

■本リリースに関するお問い合わせ先
アイコムシステック株式会社
〒108-0014東京都港区芝 5-33-7 徳栄ビル
お問合せはメールにてお願いします(担当:白木/水上)
E-Mail:info-sol●icomsys.co.jp(●は@に置き換えてメール送信願います)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事