logo

「エヌ・シー・ジャパン」の提供するサービスに対する不正アクセスの容疑者逮捕のニュースについてのご報告

本日、2010年11月24日に神奈川県警川崎署は、かねてより私どもエヌ・シー・ジャパン株式会社(以下、弊社)のサービスに対する不正アクセスを行っていた容疑者2名を不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕したことを発表しました。
弊社は本件に関し、これを事実と認め、現在のオンラインゲーム業界で大きな問題となっている犯罪行為や利用規約違反行為に対する弊社の活動に関してご報告させていただきます。

今回の事件は、容疑者 西村 優および田中 歌織の2名は弊社がサービスしているオンラインRPG「リネージュ2」の著作物を、無断で使用したフィッシングサイトを開設し、「BOT」と呼ばれる不正なプログラムツールを配布しておりました。
プレイヤーがこのプログラムツールをダウンロードすることで、コンピュータウイルスに感染し、ゲームで使用しているアカウントとパスワードが自動的に送信される仕組みとなっており、さらに2名はこのアカウントとパスワードを利用して他のプレイヤーのアカウントを乗っ取り、奪ったゲーム内アイテムやゲーム内通貨を「リアル・マネー・トレード」(RMT)で売却して不正な利益を得ていたとのことです。

弊社は神奈川県警と連携し、今回の捜査に全面的に協力いたしました。西村 優と田中 歌織の2名は虚偽の個人情報を登録をしておりましたが、弊社が調査・提供した情報と警察当局の捜査によってその行動の一部始終と所在地についても割り出すことができました。
現在弊社は西村 優と田中 歌織の2名と取り引きがあったアカウント、またこのフィッシングサイトからダウンロードした「BOT」を使用したアカウントについてもSafety Protection Teamをはじめとした社内の関係部署にて調査を続けており、今後も当局の要請に応じて捜査協力を続けていく所存です。

これまでも繰り返しお伝えしてきましたように、不正なプログラムの利用やRMTの利用は皆様のアカウントを危険な状態にするだけでなく、このような犯罪に加担することにもなってしまいかねません。また万一犯罪に係わってしまった場合は、当局による調査の対象になる可能性もあります。
決して不正行為やRMTに係わることがありませんよう、重ねて強く警告をいたします。

また、弊社としましても、RMTやBOTなどの不正アクセス被害や不正ツール使用を誘発する可能性のある一連のゲーム利用規定違反行為に対し、これまで Safety Protection Teamの導入やお客様への啓蒙活動など、あらゆる手段・方法で対処しておりますが、今後もさらに活動を強化し、引き続き警察と連携しながら、違法行為撲滅に積極的に取り組んでまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事