logo

流通BMS対応 JX手順通信ソフトウェア「CollaboLink JX-Client(コラボリンク ジェイエックスクライアント)」期間・本数限定の特別価格キャンペーンを実施

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:
東京都港区、代表取締役社長:浅田 和則、以下キヤノンITS)は、流通BMS
(※1)対応のJX手順通信ソフトウェア「CollaboLink JX-Client」の特別価
格販売キャンペーンを実施します。

キヤノンITSは、流通BMS協議会(※2)の支援会員として、流通BMSの仕様に
対応したソフトウェアの開発を行うとともに、技術仕様ガイドラインの維持
・管理を行う技術仕様部会に参加する等、普及・推進にかかわる支援活動も
積極的に行っています。

キヤノンITSが開発・販売を行う「CollaboLink JX-Client」は、流通BMSの通
信プロトコルの1つ「JX手順」に対応した通信ソフトであり、その容易な操
作性と高い相互接続性から、既に多くの企業に導入されています。2011年1月
からは、キヤノンITSが日本ベリサイン株式会社と共同開発を行い「電子証明
書」の自動取得・更新機能を盛り込んだ、「CollaboLink JX-Client」の
新バージョンを発売開始する予定ですが(※3)、今回、それに先駆けて
「CollaboLink JX-Client」の現行バージョン(Ver.1.4.1)を特別価格で販
売するキャンペーンを実施します。

本キャンペーンでは、「CollaboLink JX-Client」と1年間の保守ライセンス
「年間保守サービスパック(1年)」とをセットにし、特別価格にて提供しま
す。本キャンペーンにより、システムの投資コストが課題で流通BMSの導入を
行っていない企業の導入の障壁を大きく下げる事が可能となり、流通BMSの普
及に貢献するものと考えています。

■キャンペーン概要
●期間:
 2010年11月24(水) ~ 2010年12月22日(水)弊社受注分まで
●キャンペーン価格(希望小売価格・税別):
 CollaboLink JX-Clientと年間保守サービスパック(1年)セットで ¥9,800-
  ○通常価格(希望小売価格・税別)
   製品=CollaboLink JX-Client ¥190,000-
   保守=年間保守サービスパック(1年) ¥38,000-
●販売本数:
 100セット
 ※期間中であっても100セットに達し次第、本キャンペーンは終了とします。

■キャンペーン概要(詳細)
・購入後1年間は年間保守サービスを提供します。
 (サポートサービスを受けるためには、年間保守サービス契約が必要です)
・次年度以降は¥24,000 /年で保守サービスの更新が可能です。
・年間保守サービスの詳細ページ:
 リンク

※1 「流通BMS」について
経済産業省が推進するEDIにおける次世代の標準仕様で、スーパーマーケット
やドラッグストア、百貨店などの小売業と、問屋などの各種卸売やメーカー
がインターネットを通じて商品の受発注、価格、在庫数といった取引情報や
決済などの重要なデータのやり取りを行います。FAXや専用線を用いた従来のEDI
より高速かつ強固なインフラでの通信が可能になり、標準化されたフォーマッ
トにより、運用の簡素化と投資を抑えることができます。大企業での導入が
進み、中小企業への普及も本格化しています。

※2 「流通BMS協議会」について
正式名称:流通システム標準普及推進協議会
リンク

※3 「2011年1月から発売予定の新バージョン」について
日本ベリサイン株式会社と共同開発の、EDIソフトウェアと電子証明書の自動
取得・更新のオールインワンパッケージです。
リンク
以下の新機能も追加し、さらに使いやすさと利便性が強化されています。
(1)BMSクライアント証明書(日本ベリサイン社発行)の自動取得・更新機能
(2)伝送データの圧縮/解凍機能
(3)XMLスキーマ/メッセージ管理画面
・販売価格は¥120,000(税別)を予定
  ※日本ベリサイン社BMSクライアント 証明書付きは¥130,000(税別)
・今回のキャンペーン商品のバージョンアップサービスは、保守サービス有
 効期間中であれば¥10,000で提供します。

※4 「CollaboLink JX-Client」について
サーバーとクライアント間の通信を行うJX手順(※※)のクライアント機能
を実装しており、取引先のサーバーと直接、受発注と請求データの送受信が
行えます。特別なサーバーシステムの構築を必要せず、PCとインターネット
への接続環境だけで、低コストで流通BMS環境を導入し、簡単に運用できる
「運用機能(自動通信機能)」、「通信機能」、「XML変換機能」を1つにし
たパッケージです。
※※JX手順:
財団法人 流通システム開発センターによって規定された、SOAP-RPCを基盤技
術として利用したPULL型の通信プロトコル。流通BMSでも採用されており、JCA
手順に代わるプロトコルとして、中小規模のEDIでの普及が見込まれている。
従来のJCA手順のようにクライアント型とサーバー型の機能にわかれる。

Collabolink JX-Client製品ページ:
リンク

<一般の方のお問い合わせ先>
キヤノンITソリューションズ株式会社
商品事業本部 EDIソリューション事業部
Tel:03-5730-7242
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事