logo

情報漏洩のリスクを軽減する翻訳サーバーの小規模法人向け普及版「WEB-Transer@Enterprise EXPRESS」を発売

株式会社クロスランゲージ(東京都千代田区、代表取締役:古賀勝夫)は、社内翻訳サーバー「WEB-Transer@Enterprise EXPRESS」(ウェブトランサー・アット・エンタープライズ・エクスプレス)を2010年11月19日より販売開始しました。

企業のグローバル化が急速に進む中、翻訳の必要性は大企業から中小企業へも広がってきました。また、マーケティング、知財、研究開発など様々な部門で翻訳が必要なシーンが増えてきました。
これまで「WEB-Transer@Enterprise」は「社内情報漏洩リスク対策」や「翻訳資産の蓄積・再利用」、「翻訳業務の効率化」などの要望の高い大企業を中心に導入されてきましたが、小規模法人や一部の部門からの翻訳ニーズの高まりに対応する必要が出てきました。

「WEB-Transer@Enterprise EXPRESS」はこれまでの「WEB-Transer@Enterprise」と同等の機能を利用することが可能で、小規模法人や企業の一部の部門でも導入しやすい価格を設定しました。
これまではサーバーライセンスでのご提供でしたが、「WEB-Transer@Enterprise EXPRESS」は
ご利用人数が50人以下の法人や部門での利用が対象となります。

【EXPRESS価格】(すべて税抜)
◇基本言語ライセンス(英語)・・・・・・・・・・・・¥1,000,000
◇言語オプションライセンス(中国語)・・・・・・・・¥500,000
◇言語オプションライセンス(韓国語)・・・・・・・・¥500,000
◇言語オプションライセンス(欧州語)・・・・・・・・¥500,000

すべてのライセンスには初年度保守費用が含まれています。製薬・医学用のバージョンも同時に発売します。

本リリースに関してのお問い合わせ、および製品に関するお客様からのお問い合わせ先:
株式会社クロスランゲージ 事業本部 翻訳ソリューション部

電話:03-5215-7633 担当:新矢
電子メール:solution@crosslanguage.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事