logo

革新的技術により最高電力効率達成時のコストを低減

STマイクロエレクトロニクス 2010年11月18日 10時24分
From PR TIMES

特許取得済みの節電回路が、
価格競争力のあるシリコン・ダイオードを使用して超高効率を実現
--------------------------------------------------------------------
パワー半導体の世界的リーダーであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、
以下ST)は、特許取得済みの高効率回路と最適化した専用パワー・デバイスの詳細
を発表しました。この新しいテクノロジーは、コスト低減を実現すると同時に、
最高の電力効率基準に準拠した設計を容易にします。この新しい回路とパワー・
デバイスは、太陽電池インバータやコンピュータ・通信機器のスイッチング電源で
通常使用されるパワー・デバイスであるブースト・コンバータまたはバック・
コンバータに最適です。

電力効率や電力品質を管理する規制では、既に多くの主電源機器に対して、
力率補正(PFC)回路の内蔵による電力損失と歪みの最小化を求めています。
これらのPFC回路は、通常、パワーMOSFET、整流ダイオード、インダクタおよび
コンデンサを搭載しています。従来、技術者は、整流ダイオード用のシリコン・
カーバイド(SiC)などの高価な技術により、「80 Plus Bronze / Silver / Gold」
等の高水準な電力効率規格への準拠を目指していました。

BC2(Back-Current Circuit)と呼ばれるSTの新しい設計では、太陽電池
インバータもしくはデスクトップPC、サーバ、通信基地局等のスイッチング電源に
内蔵されるブースト・コンバータまたはバック・コンバータに、SiC製品
よりも安価なシリコン・ダイオードを使用することができます。SiCブースト・
ダイオードの低回復電流がMOSFETのスイッチ・オン損失の最小化に有効である場合、
BC2はこれらの損失を完全に除去し、ブースト・ダイオードの回復に関連した
エネルギーを再利用します。標準的な回路に比べて、この新しいトポロジでは、
1個のインダクタの追加と3個の最適化されたダイオードが必要です。この方式では、
SiC製品を使用したソリューションの約半分の価格で、2%も効率が向上します。

STは、新しい電源設計において、BC2の実装を可能にするため、この
アプリケーションに最適化したシリコン・ベースの6種類の整流ダイオードおよび
フリー・ホイール・ダイオードから構成される製品ファミリを発表しました。

・STTH8BC060D・STTH8BC065DI / STTH10BC065CT / STTH16BC065CT
 600V/650V整流ダイオード(定格電流:8A / 10A / 16A)

・STTH3BCF060U / STTH5BCF060
 600Vフリーホイール・ダイオード(定格電流:3A / 5A)

これらのダイオードをキット単位で使用し、最高2kWの競争力のある高効率回路を
設計できます。STは、この新しいトポロジの全面的な設計サポートを提供すること
で、最大限の能力と効率を実現する設計に貢献しています。8Aキットの単価は、
1,000個購入時に約1.70ドルです。大量購入時の単価については、お問い合わせ
ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、
マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。2009年の売上は
85.1億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。