logo

Google Apps(TM)拡張ガジェット feedpath Gadget、英語圏向け正式サービスリリースを発表!

~ Google Apps Marketplaceを通して、グローバルマーケットへのビジネス展開を本格始動 ~

クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパス株式会社 (本社: 東京都港区 代表取締役社長CEO: 津幡 靖久 以下、フィードパス)は、Google Apps(TM)を拡張するガジェット「feedpath Gadget(フィードパス ガジェット)」を、国際化対応し英語圏に向けて正式サービスリリースしたことを本日発表します。

「feedpath Gadget」は今年9月6日、国内のGoogle Appsユーザーを対象に提供開始し、現在国内では、多くの企業、団体、学校でご利用いただき、約1万5000ユーザーを超えるお客様が本格導入されています。主にGoogleカレンダーをグループ利用向けに拡張するガジェットとして「簡単ゲスト追加」ガジェットと「グループカレンダー」ガジェットの2つをGoogle Apps Marketplaceから無料で提供しています。一方、Google Appsはグローバルで300万企業、3000万ビジネスユーザーに利用され、1日数千社の企業が新たに利用開始しています。

そこで「feedpath Gadget」は、国際化対応としてグローバルで最もGoogle Appsユーザーが多い英語圏でのサービス提供を開始します。今回は第一弾として、「feedpath Gadget」のすべての機能(管理者ページ、ガジェットポータル、簡単ゲスト追加ガジェット、グループカレンダーガジェット)を英語対応し、更に、 feedpath Gadget PRサイトおよびGoogle Apps Marketplaceも英語対応しました。これにより、英語圏のGoogle Appsユーザーは、Google Apps Marketplaceから「feedpath Gadget」をインストールし無料でご利用可能になります。

・管理者ページ(Manage)/ガジェットポータル(Gadget Portal)
管理者ページおよびガジェットポータルについては、各ページの言語切り替えプルダウンより簡単に英語表示可能になります。また、ブラウザの言語設定によりデフォルト表示言語を判定します。

・「簡単ゲスト追加」ガジェット(Smart Guests)
Googleカレンダーサイドバーガジェットの「簡単ゲスト追加」ガジェットはGoogleカレンダーの言語設定で設定された言語が日本語以外の場合、英語で表示します。

・「グループカレンダー」ガジェット(Grouped View)
Googleカレンダーサイドバーガジェットの「グループカレンダー」ガジェットはGoogleカレンダーの言語設定で設定された言語が日本語以外の場合、英語で表示すると共に、設定されたタイムゾーンに従いイベントの時刻を表示します。フィードパスは、英語圏での正式リリースを皮切りに、グローバルマーケットに対してのビジネス展開を戦略的に実施してまいります。

■国際化対応による設定方法

・管理者ページ
国際化対応:英語表示
設定方法 :ページ右上の言語切替プルダウンより設定
      (ブラウザの言語設定でデフォルト言語を判定)

・ガジェットポータル
国際化対応:英語表示
設定方法 :ページ右上の言語切替プルダウンより設定
      (ブラウザの言語設定でデフォルト言語を判定)

・簡単ゲスト追加ガジェット
国際化対応:英語表示
設定方法 :Googleカレンダーの言語設定

・グループカレンダーガジェット
国際化対応:英語表示
設定方法 :Googleカレンダーの言語設定

国際化対応:タイムゾーン表示
設定方法 :Googleカレンダーのタイムゾーン設定


■「feedpath Gadget」について【 リンク
「feedpath Gadget」は、Google Appsで提供されているGoogle カレンダー機能をグループ利用向けに拡張するガジェットです。Google Apps Marketplaceからインストールすることで、Google Appsのユニバーサルナビゲーションに統合されシームレスに利用可能です。現在国内では、多くの企業、団体、学校でご利用いただき、約1万5000ユーザーのお客様が本格導入されています。

■フィードパス株式会社について【 リンク
フィードパス株式会社は、クラウドからビジネスアプリケーションを提供するリーディングカンパニーです。組織内における効果的で価値が高い情報共有を支援するアプリケーションソフトウェアの企画・開発・販売・運用を主に行っています。お客様に最適なサービスを最速でご利用いただくため、これまでのパッケージ型アプリケーション提供ではなく、お客様のニーズに応じオンデマンドでクラウドからアプリケーションを提供します。

■参考情報
・feedpath Gadget PRサイト(英語)【 リンク
・feedpath Gadget on Google Apps Marketplace 【 リンク
・画面キャプチャ 【 リンク
・本リリースについて【 リンク

■お問い合わせ先
フィードパス株式会社 広報担当 西川 
東京都港区北青山2-7-26 フジビル28 2階 CROSS COOP内
TEL:03-4530-0555  MAIL:fp-relations@feedpath.co.jp 
Twitter:@feedpath

※「Google」ならびに「Google Apps(TM)」「Google Apps Marketplace」は、Google Incの商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

feedpath Gadget(for English)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事