logo

統合型基幹業務パッケージ(ERP)MA-EYES(Web版)のUIを刷新 ~デザイン改善及びGWT採用によりユーザビリティを強化~

当社開発の統合型基幹業務パッケージ(ERP)MA-EYES(エムエーアイズ)の Web版において、更なるユーザビリティとデザイン性の向上を図るために、 UI(ユーザインターフェース)を刷新しました。

株式会社ビーブレイクシステムズ(代表:白岩 次郎 品川区西五反田)は、
自社開発の統合型基幹業務パッケージ(ERP)MA-EYES(エムエーアイズ)
のWeb版(プロジェクト見積/プロジェクト管理/作業実績入力/購買申請
/経費申請/レポート/他)において、更なるユーザビリティとデザイン性
の向上を図るために、UI(ユーザインターフェース)を刷新しました。

今回のUIの刷新では、デザインの大幅な改善を行いました。また、UIを
テンプレート形式として各ユーザがテンプレートを選択・設定できる機能の
追加を行いました。これにより各ユーザは自分の好みに合ったUIテンプレート
を自ら選択できるようになり、従来のものと比較し快適な操作環境を
提供できるようになりました。

また、開発環境ではAjaxアプリケーションをJavaで効率的に作れるGWT
(Google Web Toolkit)及びExt GWTを採用し、RIA(Rich Internet
Application)技術に負けない操作性を低コストで実現可能になりました。


=============================================
【本件に関するお問い合わせ】
■会社名 株式会社ビーブレイクシステムズ
■担当者 岡部(おかべ)、木塚(きづか)
■TEL 03-5487-7855
■FAX 03-5487-7854
■URL リンク
■Email info@bbreak.co.jp
=============================================


○MA-EYESの主な機能特長
MA-EYESは主にプロジェクト型企業の業務を統合的にサポートする標準機能を
用意しているだけでなく、様々な業務の企業の要件に合わせた機能の構築を行う
ことができるセミオーダーの統合型基幹業務パッケージ(ERP)です。
現在クライアントサーバ版とWeb版での提供を行っています。

< 主な標準機能一覧 >
【ポータル機能】
ログインした際に最初に表示します。申請・承認状況や管理者からのメッセージ
など周知すべき情報を表示します。

【プロジェクト管理機能】
プロジェクト毎の正確なコストの予実管理、請求管理を行うことができます。
SFAとの連携も図れるため、営業段階から最終的なプロジェクトの終了までの
一連の業務管理が可能です。アサイン情報の一元管理を行うことで、適切な
アサインを実行することができます。

【作業実績管理・費用実績管理機能】
各担当者の業務内容別作業実績時間の入力、また購買、経費の申請など
様々な費用計上を行うことができます。これらの費用実績をプロジェクト毎に
管理することができます。購買情報、会計伝票を一覧表示することもできます。

【財務会計・債権債務管理機能】★
プロジェクトを軸に計上された債権債務に対して入金・支払処理を行います。
総勘定元帳や補助元帳、決算報告書等、財務会計に必要な各種機能があります。

【経営レポート・分析機能】
プロジェクト別、部門別、製品別の切り口などでの予算と実績を比較、
全社での損益状況や様々な分析・経営レポートの閲覧ができます。
また汎用データ出力機能では、データベースの情報を参照することができます。

【ワークフロー機能】
プロジェクトや経費、マスタなど様々な機能において、ワークフローを
用いた申請、承認を行うことができます。

(★は、クライアントサーバ版のみ機能) 


○導入形態
導入形態は「一括導入型」か「SaaS型」を選択することができます。
一括導入型は、お客様の指定の環境にMA-EYESを一括で導入する形態です。
自社に必要な運用リソース(人員、サーバ、ノウハウ等)があり、
情報(データ)を自社で管理したい場合にマッチします。ネットワーク障害
によるシステム停止のリスクを抑えることが可能です。
また、SaaS型は、月額料金制でMA-EYESを利用いただく形態です。自社で
システム管理を行う必要がなく、また初期導入コストを抑えることができます。
必要な機能のみを選択し、選択いただいた機能をお客様の業務要件に合わせた
形でご提供します。

○スマートフォン対応について
2009年7月に、経費申請機能など携帯端末で使用頻度の高い機能を中心に
Android対応を行いました。Android版では、キャッシュ・同期機能を開発し、
オフライン時でも各機能が利用可能となっています。

○GWTについて
GWT(Google Web Toolkit)とは、Web用のAjaxアプリケーションをJavaで
効率的に作ることができるオープンソースの開発フレームワークで、
JavaでAjaxを表示させるために適したJavaScriptやHTMLのコードに
変換することができます。また、ライセンスはApache License 2.0 です。

【参考】
株式会社ビーブレイクシステムズ リンク
「Java」、「オープンソース」、「ERP」に特化したシステム開発会社。
オープンソースを使用した基幹業務システムの構築を得意とし、
統合型基幹業務パッケージ(ERP)「MA-EYES」を中心に様々な企業の基幹業務
システムを構築。2009年6月その構築ノウハウをもとに開発した「ExCella
(エクセラ)」シリーズをオープンソース化。スマートフォンアプリ開発も
積極的におこなっており、2009年にGoogle社が全世界にて開催した
Androidアプリケーションコンテスト(Android Developer Challenge2)
においては、カテゴリ別でTOP20に選出されている。


※Android 、Googleおよび Google Web Toolkit は、Google Inc. の商標です。
その他記載されている社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

プロジェクト一覧

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。