logo

インフォテリア、主力製品「ASTERIA WARP」のクラウド対応をさらに強化

~ Windows Azure、Amazon Web Service に対応し、ASTERIA のクラウド上稼働も可能に ~

 インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853)は、国内EAI ソフトウェア市場におけるシェアNo.1※1であるASTERIA シリーズの「ASTERIA WARP」(アステリア ワープ)の最新バージョン「ASTERIA WARP 4.5」を本日から出荷することを発表いたします。

 ASTERIAシリーズでは、既にクラウド上で稼働する「ASTERIA On Demand」をはじめSalesforce.comやGoogle Appsとの連携などが実現されていますが、最新バージョン「ASTERIA WARP 4.5」では、新たにWindows AzureやAmazon Web Serviceとの連携アダプタにより、これらクラウド上に置かれたデータの連携を簡単確実に行うことができます。また、ASTERIA WARP ServerをAmazon EC2上に設置して稼働させることが可能となり、企業のクラウド活用を加速させることができます。さらに、従来から持つWebサービスとの連携機能の強化として、SOAP、RESTの連携機能を充実させることにより多様化するクラウドサービスへの接続性を向上させます。今回のバージョンアップでは、クラウド対応だけでなく、様々なユーザーニーズへの対応もおこなっており、例えば、RDB連携機能についても最新技術を使って処理の改善を図り、一括処理の性能を向上させるなど既存システムとの連携においても導入効果の向上を行っています。

 ASTERIA WARP 4.5で新たに提供されるWindows AzureアダプタおよびAmazon Web Serviceアダプタは、オプションとしてそれぞれ40万円~で提供されます。その他の強化ポイントは、標準添付の機能として提供されます。

 インフォテリアは、クラウド時代の情報システムに求められる社内外連携とクラウド間連携を実現するASTERIA WARPの最新バージョン「ASTERIA WARP 4.5」の紹介とASTEIRA WARPを導入されたお客様の生の声が聞けるセミナー「ASTERIA フォーラム2010秋 クラウド本格始動! -成功企業の秘訣-」と題して業務改革を実現した企業として株式会社ダーツライブ様、ブックオフコーポレーション株式会社様、ライオン株式会社様の事例をご紹介いたします。

■ASTERIA フォーラム2010 秋
日時:10月7日(木)14:00~
会場:TKP大手町カンファレンスセンター
主催:インフォテリア株式会社
協賛・発表:株式会社ダーツライブ、ブックオフコーポレーション株式会社、ライオン株式会社

なお、「ASTERIA WARP」のバージョンアップと同時に、「ASTERIA WARP Lite」もバージョンアップし、「ASTERIA WARP Lite 4.5」として提供を開始いたします。
ASTERIAの最新バージョンで強化される主な点は以下の通りです。

【ASTERIA新バージョン機能ハイライト】
・ Windows Azureアダプタ(オプション)
・ Amazon Web Serviceアダプタ(オプション)
・ Salesforceパイプラインアクション(オプション)
・ 汎用RESTコンポーネント
・ RDB Fast Insertコンポーネント
・ Excel XLSXフォーマット対応

用語解説

■インフォテリア株式会社について
1998 年に国内初のXML 専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に1300社以上(2010 年3 月末現在)の企業に導入されています。
【 ホームページ 】 リンク

※1テクノシステムリサーチ社「2008年ソフトウェアマーケティング総覧」。
※Infoteria およびインフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。ASTERIAは、インフォテリア株式会社の登録商標です。
※本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
インフォテリア株式会社 広報担当:嶋 かおる
TEL:03-5718-1297 FAX:03-5718-1261
E-mail:press@infoteria.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。