logo

コープきんき、インフォテリアの「ASTERIA WARP Lite」を採用し 仕入れ業務を大幅に改善

~ 発注予定メールの一斉配信システムを短期間で構築 ~

 TDCソフトウェアエンジニアリング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 谷上俊二、証券コード:4687)とインフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 平野洋一郎、証券コード:3853)は、生活協同組合連合会コープきんき事業連合が国内EAI ソフトウェア市場におけるシェアNo.1※1 製品であるインフォテリアの「ASTERIA」(アステリア)を用いて近畿地域7生活協同組合の仕入業務における発注予定メールの一斉配信システムを短期間で構築、本格稼動を開始したことを発表します。

 生活協同組合連合会コープきんき事業連合は、近畿地域の7つの生活協同組合で利用している商品の共同開発や低価格を進めるために創設された事業連合体です。同連合は、共同仕入れの効率化を図るため既存システムの統合を開始し、決済をはじめ発注の仕組みを構築し順次システムの統合を行ってきました。今回、新たに食品仕入れの仕組みを構築するためシステムを統合するにあたり、200 件以上の仕入先とのデータ連携に「ASTERIA WARP Lite」が最適と判断し採用に至りました。「ASTERIA WARP Lite」は、発注予定メールの一斉配信システムを低コスト、短期間で構築しただけでなく、苦情処理の仕組みも同時に構築し、社内のデータ処理業務の自動化を実現し、作業負担を大きく軽減させました。

 生活協同組合連合会コープきんき 事業支援本部システム部マネージャー 竹内忠之氏は、「システムとシステム、システムと業務の小さな隙間を埋めることで、これまで手作業で行っていたデータのコピーや変換を自動化でき、日々の業務を大幅に効率化できました。「ASTERIA WARP Lite」によって短期間に構築でき、稼働後の動作実績も100%。業務負担軽減に期待通りの効果をもたらしてくれています」と語りました。

生活協同組合連合会コープきんき事業連合 システム構成図→リンク

 導入事例の詳細は次のWebサイトをご覧ください。(インフォテリアホームページ内、導入事例掲載ページ)
リンク

用語解説

■コープきんきついて
 近畿地域の7つの生活協同組合で利用している商品の共同開発や低価格を進めるために創設された事業連合体。会員への還元効果を高めるため、高いコスト意識を持って業務システムの構築に取組んでいます。
【 ホームページ 】 リンク

■TDCソフトウェアエンジニアリングについて
 TDCソフトウェアエンジニアリング株式会社は、得意のモバイル技術を生かしたクラウドソリューションサービスや、「ASTERIA」などのEAI、ERP・BI・CRM製品を利用したエンタープライズソリューションサービス、SIソリューションサービス、プロジェクトマネジメントサービスを提供しています。1962年創業。
【 ホームページ 】 リンク

■インフォテリア株式会社について
 1998年に国内初のXML専業ソフトウェア会社として設立されたインフォテリア株式会社は、ビジネスにおける企業内外の多種多様な「つなぐ」を実現し、 コミュニケーションを迅速化、可視化するためのソフトウェアを開発・提供しています。主力製品の「ASTERIA」は大企業、中堅企業を中心に1,000 社以上(2009年12月末現在)の企業に導入されています。
【 ホームページ 】 リンク

※テクノシステムリサーチ社「2008年ソフトウェアマーケティング総覧」による
※Infoteria およびインフォテリアは、インフォテリア株式会社の商標です。ASTERIAは、インフォテリア株式会社の登録商標です。
※本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

■お客様からのお問合せ先
TDCソフトウェアエンジニアリング株式会社
営業企画部 松波 祐司
電話 03-3350-8117
E-mail tdcsoft_salesplanning@tdc.co.jp

インフォテリア株式会社 広報担当:嶋 かおる
電話 03-5718-1297
E-mail press@infoteria.co.jp

■報道関係各位からのお問合せ先
TDCソフトウェアエンジニアリング株式会社
経営企画部 長尾 均
電話 03-3350-8116
E-mail prir@tdc.co.jp

インフォテリア株式会社 広報担当:嶋 かおる
電話 03-5718-1297
E-mail press@infoteria.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事