logo

角川グループが電子書籍を中心としたコンテンツ配信プラットフォーム事業に本格参入!「Book☆Walker」をサービス名称に、オンリーワンの次世代型電子書籍プラットフォームを目指します。

株式会社角川コンテンツゲート 2010年10月26日 15時00分
From PR TIMES

 株式会社角川グループホールディングス(本社・東京都千代田区 代表取締役社長・佐藤辰男)傘下の配信事業会社、株式会社角川コンテンツゲート(本社・東京都千代田区 代表取締役社長・浜村弘一)は、角川グループの資産を活かし、コンテンツプロバイダー自らが電子書籍を中心とするデジタルコンテンツを提供販売するための直営プラットフォーム「Book☆Walker」を立ち上げます。

 2011年4月のプラットフォームサービス開始及び2011年7月のグランドオープンに先駆け、2010年12月よりiPad/iPhone向けアプリの提供を開始いたします。12月のリリース時には、ライトノベル、コミック、文芸ジャンルの中から特に人気の作品を中心に、どなたでも角川グループ作品を気軽にお楽しみいただけるラインナップを用意し、2011年のグランドオープンに向けたさまざまな実験的な試みを実施してまいります。

 2011年4月の「Book☆Walker」サービス開始時には、Android OSを含むスマートフォン、タブレット端末、PCに順次対応。文芸書、ライトノベル、コミック、新書、実用書、雑誌等を作品ジャンルごとにストア展開し、それぞれのストアで魅力あるラインナップや付加価値・サービスを提供。ここでも7月のグランドオープンに向けたさまざまな実験的試みを実施してまいります。

 本プラットフォームでは、既存の電子書籍プラットフォームサービスとは一線を画し、電子書籍を軸に、作品に関連するアニメや映画の映像、グッズ等の通信販売までをお客様へシームレスに提供するシステムを構築する予定です。さらに、角川グループの出版各社による電子書籍事業への新しい試みとして、新刊書籍の紙とデジタルの同時発売や、お客様同士が作品の感想等を共有するためのソーシャルメディアとの連動など、メディアミックスを推進する角川グループならではのオンリーワンの次世代型電子書籍プラットフォームを目指します。

 また、出版流通との共存を目指す角川グループの方針として、書店様および販売会社様との連携を強化し、既存書店への購買客の誘導や紙の書籍との連動企画、書店店頭向けの新商品の開発など、双方の売上拡大に繋がるさまざまな試みを実施してまいります。

角川グループ直営の「Book☆Walker」だからできること
■コンテンツひとつひとつの価値を高める
■新しいコンテンツへの挑戦
■新しいマーケット、新しい顧客の創造

2010年12月の向けiPad/iPhoneアプリについては、以下の通りとなります。
【対応端末】iPad/iPhone
【書籍ジャンル】ライトノベル、コミック、文芸書の一部
【決済方法】アップル決済
【作品数】オープン当月は約100作品。その後、毎週20作品前後を追加する予定

また、2011年4月の「Book☆Walker」サービス開始以降は、以下の通りとなります。
【対応端末】Android OSを含むスマートフォン、タブレット端末、PC等
【書籍ジャンル】ライトノベル、コミック、文芸、新書、雑誌、実用書、写真集等
【決済方法】クレジットカード、プリペイドカード等を予定
【作品数】オープン当初は約1000作品を予定。その後、角川グループ以外の出版社やコンテンツプロバイダーの参加を募りながら、順次拡大予定

■コンテンツ提供を予定している角川グループ会社一覧
株式会社角川書店/株式会社角川学芸出版/株式会社アスキー・メディアワークス/
株式会社魔法のiらんど/株式会社富士見書房/株式会社エンターブレイン/株式
会社中経出版/株式会社新人物往来社/株式会社角川マーケティング/株式会社角川SSコミュニケーションズ/株式会社角川マガジンズ/株式会社角川メディアハウス/角川映画株式会社/株式会社キャラアニ/株式会社角川コンテンツゲート

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社角川コンテンツゲート 角川プラットフォーム事業化推進プロジェクト
〒102-0075 東京都千代田区三番町6-1
TEL:03-3238-8485/FAX:03-3238-5725
メールアドレス bw@kadokawa-cgate.co.jp
*記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。