logo

ITサービスマネジメント情報活用セミナー

~システム運用に役立つナレッジ活用を始めよう~



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇ ◇◆◇
       ~システム運用に役立つナレッジ活用を始めよう~
         ITサービスマネジメント情報活用セミナー

       リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ITサービス運用の品質向上のためには、システムに散在している運用管理情報(運
用ナレッジ)を統合し、その利用価値を最大化する活用基盤構築が重要なポイント
です。本セミナーでは、運用ナレッジを統合/可視化し、ITサービス環境の高度化
を実現するステップについて、アシストが培ってきた経験、ノウハウをもとに、ご
説明します。最小の設計と実装負荷でITサービスマネジメントを改善するソリュー
ションをご覧いただけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼日 時  2010年11月10日(水) 14:00~17:00(13:30 受付開始)
 【詳細、お申込みはコチラ】リンク
--------------------------------------------------------------------------
 14:10~15:00
【特別講演】「ITサービスマネジメントを取り巻く環境とitSMF Japanの活動」

   ITサービスマネジメントのデファクトスタンダードとして知られるITILの
   最新情報と関連規格の動向を概説し、NPO(特定非営利活動法人)itSMF
   Japanの活動と取り組みについてご紹介します。
             
                     itSMF Japan 理事 塩田 貞夫 氏
--------------------------------------------------------------------------
 ▼セッション   
-------------------------------------------------------------------------- 
【セッション1】15:10~15:50

「情報連携を基点としたITサービス運用の効果的活用方法と可視化の実現」
 
 開発~テスト~運用までITシステムのライフサイクルを通して情報連携を図る
ことで、運用改善への効果的なフィードバックと品質改善が実現できます。
ITサービスマネジメントを運用フレームワークと捉えるだけでなく、運用の
データウェアハウスの様なアプローチをすることで、ITサービスマネジメントを
中心とした情報統合と可視化が実現できます。
ITサービスマネジメント(サービスデスク)を中心とした、IT運用環境をより
高度化するための取り組みに関してご紹介します。

【セッション2】16:00~16:30

 「モニタリング、統合管理の強化とその次に向けたステップ」

障害監視(モニタリング)や統合管理の基盤をさらに有効に機能させるためには、
ITサービスマネジメント環境とのシームレスな連動が必要です。障害情報だけで
なく、サーバ情報やオペレーション内容など様々な情報を有機的に結合し、シス
テムの安定化や改善活動に活かしていく方法に関してご紹介します。


【セッション3】16:30~17:00

 「ITサービスマネジメントの改善活動に向けた情報活用への取り組み」

 運用状況や障害統計の月次報告作成に多大な労力を費やしていないでしょうか。
IT運用の継続的な改善活動に取り組むためには、様々な視点でIT環境を可視化
していくことが必要です。IT運用情報を統合し、インシデント発生状況や過去の
履歴、その発生傾向など、多彩な切り口で運用状況をレポート、分析する情報
活用ソリューションをご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■問い合わせ先
システム基盤ソフトウェア事業部 セミナー事務局
E-Mail:sos_semi@ashisuto.co.jp
TEL:03-5276-5565 FAX:03-5276-5879

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。