logo

コーチングにより、経済不況時にも企業・団体の業績達成を支援―ICFの新しい調査により、消費者のコーチング活用の理由を指摘

Lexington, KY, Oct 13, 2010 - (JCN Newswire) - 厳しい経済状況は、個人や企業は、今までにないほどの困難な課題に直面しており、個人が職を確保し、企業が今後もビジネスを続けるため、斬新でイノベーティブなアプローチを試みる必要に迫られています。新しいICFグローバル消費者意識調査の結果は、プロによるコーチングが、多くの企業や個人が最近のグローバル不況から回復する際に支援となる革新的なツールとなりうることを暗示しています。


先日の調査によれば、プロによるコーチングは、世界各国の人々が職務遂行能力を向上し、就業の機会を増やし、自信を高めるために活用されています。実際に、調査では、参加者の半数以上に当たる51%が、まだ歴史が浅く発展途上のコーチングという職業について、ある程度の知識を持っていました。残り48%の回答者は、コーチングのことを知りませんでしたが、3分の1の回答者は、今後、コーチング関係に参加してみたいと答えました。


コーチングを活用したい理由はさまざまです。グローバル消費者意識調査では、現在、人々がどんな分野でプロのコーチングを活用しているかを調べました。コーチングを受けた経験のある回答者の5分の2以上(42.6%)は、コーチングを利用した動機として「個人および/またはチームのパフォーマンスを最適化する」を選びました。次に多かった理由は「キャリア機会を広げる」(38.8%)と「ビジネス経営戦略を向上する」(36.1%)でした。他の個人的な動機として、「自信を高める」や「ワーク・ライフ・バランスを管理する」がそれぞれ、4位と5位で、これらをあわせて動機のトップ5となります。


ICFの以前の調査では、コーチングは投資回収率も非常によいということもわかっています。最新の調査の回答とほぼ同じ動機で利用された結果、最初のビジネス投資の7倍の平均利益がありました。


大小の企業は、コーチングにより個人およびチームのパフォーマンスを最適化しています。IBMおよびSolaglas Windowcareは、イノベーティブなコーチング施策により、コーチング業界から昨年ICF International Prism Awardを受賞しました。最近のグローバル経済の状況にもかかわらず、北米のibm.comは、社内の営業チームと管理職に行ったコーチング・プログラムにより、563%の投資回収率を記録しました。英国に本拠を置く大手のガラス交換・設置企業のSolaglasは、顧客満足度の向上と、490%の投資回収率を報告しました。企業幹部は、コーチングの長期的影響に比べれば、これらのメリットは小さいと考えています。


ICFグローバル消費者意識調査は、PwCの国際調査部が独立して実施し、20か国で25歳以上の15,000人以上の参加者にアンケートを取りました。詳しい情報は、ICFにお問い合わせいただくか、 www.Coachfederation.org をご覧ください。


ICFでは、コーチングの定義を、「個人およびプロフェッショナルの可能性を最大限に引き出すような、示唆に富み創造的なプロセスを使って、クライアントのパートナーとなること」と考えています。コーチングは特徴的なサービスで、セラピー、コンサルティング、メンタリングまたはトレーニングとは大きく異なります。人々はコーチング関係に参加することで、個人の課題や機会に対するまったく新しい考え方をするようになり、考え方や意思決定スキルを向上し、対人的影響力を上げ、自分の選んだ仕事や生活を送ることにもっと自信を持てるようになることを、期待できます。


International Coach Federationは、100か国以上に16,300人以上の会員を持つ、コーチのための主導的なグローバル組織です。高い倫理基準を設定し、独立した認定制度を持ち、資格をもつコーチを結ぶ世界規模のネットワークを確立することで、コーチングという仕事をさらに進歩させることに力を注いでいます。ICFは、グローバルな資格を授与している唯一の組織です。世界各国で現在6,700人以上のコーチが資格を保持しています。詳しい情報は、ウェブサイト( www.coachfederation.org )を参照してください。


ICF本部お問い合わせ先:
Ann Jarvis
+1.859.226.4428
ann.jarvis@coachfederation.org


Kristin Kelly
+1.859.219.3530
kristin.hogue@coachfederation.org


Amy W. Richardson
+1.859.219.3550
amy.richardson@coachfederation.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。