logo

iPadアプリ【描いて消せる患者説明ボード】が4日間7千ダウンロード、医師向けアプリながら総合ランク3位~医療現場でのiPad活用の盛んさを裏付け~

日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内善行)は、iPadアプリ「描いて消せる、患者さんへの説明ボード」(無料版)を発表した。

リリース翌日(10月5日)には「メディカル部門」の人気ランキング1位となり、翌々日(10月6日)には「無料アプリ全体」でもランキング3位となった。いずれの順位も本日現在で継続中。医療者向け専用アプリにもかかわらず、リリース後4日間で7千ダウンロード(推定)に達した。医療現場でのiPad活用が雑誌等でも盛んに紹介されているが、その動きを裏付ける結果となっている。





このアプリは、すでに複数の病院、診療所、介護施設の現場で実際に使われているコンテンツ『eDOCTOR』(リンク)を、iPad上で利用可能にしたもの。


なお、QLifeは過去に一般向けのiPhone/iPadアプリを2本リリースしたが、いずれも大きなダウンロード数を記録している。
・『総合お薬検索 QLife - 処方薬&市販薬 約17000』(25万件、メディカル部門ランク2位)
・『口コミ病院検索 QLife - 全国約17万病院』(20万件、メディカル部門ランク4位)
※ランキングはいずれも本日現在


■【描いて消せる、患者さんへの説明ボード】とは:

治療や検査内容の説明、栄養指導など、医療者が患者さんに説明を行う際の補助ツール。アドヒアランス(※)向上だけでなく、医師以外の医療従事者が説明者となることで、忙しい医師の時間節約にも貢献する。在宅診療や、病棟や介護施設内での説明補助ツールにぴったり。コンテンツは全てダウンロードされる方式なので、インターネット環境がなくても利用が可能。
患者さん本人や家族に対して説明することが多い、「糖尿病」「骨粗鬆症」「認知症&パーキンソン病」の3領域において全88コンテンツ、4動画を搭載した。コンテンツは今後拡充予定。

※アドヒアランス=患者が積極的に治療方針の決定に参加すること(によって、決定後の治療の確実な実行を目指すこと)

■【描いて消せる、患者さんへの説明ボード】の特徴:

●さくさく描ける、消せる
内蔵コンテンツをただ見せるだけでなく、指で自由に書き込む事ができる。患者さんに図版を示しながら、3色のペンで書き込んで説明できる。

●ホワイトボードを、いつでも呼び出し
何も記載されていないホワイトボードには、独自に絵を描くことができる。既定図版と交互に表示しながら、ちょっとしたメモ等にも利用できる。

●コンテンツ内蔵型
一度インストールしてしまえば、インターネット環境は不要。地下や検査室等、電波利用が制限されるシーンでも活用できる。

●動画コンテンツも搭載
血栓など静止画での説明が難しいものについては、CGによる動画コンテンツを用意。分かりやすく、説得力がある。

●すべてのコンテンツは、医療現場で使用中のもの
搭載コンテンツのすべては、:医療法人みずほ会・高橋内科院長・高橋啓文先生の監修によるもので、現在すでに複数の病院、診療所、介護施設の現場で使用中。

■無料ダウンロード先はこちら:

リンク




────────────────────────────────────────
<株式会社QLifeの会社概要>
会社名 :株式会社QLife(キューライフ)
所在地 :〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-7-2 リングリングビルA棟6F
代表者 :代表取締役 山内善行
設立日 :2006年(平成18年)11月17日
事業内容:健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業
企業理念:生活者と医療機関の距離を縮める
サイト理念:感動をシェアしよう!
URL : リンク
────────────────────────────────────────
本件に関するお問い合わせ先:
株式会社QLife  広報担当
TEL : 03-5433-3161 / E-mail : info@qlife.co.jp
────────────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事