logo

ロックインターナショナル ISMS等複数規制・社内規定に同時対応 IT統制監査業務の自動化によるコスト削減ソリューションの新バージョン「LumensionリスクマネージャV.4.2 カスタマー・テクニカル・プレビュー版」の提供を開始

関係者各位
平成22年10月6日

ISMS等複数規制・社内規定に同時対応 IT統制監査業務の自動化によるコスト削減ソリューション
新バージョン「LumensionリスクマネージャV.4.2 カスタマー・テクニカル・プレビュー版」の提供を開始

株式会社ロックインターナショナル《東京都渋谷区代々木2-5-1、代表取締役 岩清水廣行》は、IT統制の監査業務フローを自動化することにより内部・外部コストを削減するコーポレート向けソリューション「Lumensionリスクマネージャ」をバージョンアップし「V.4.2 カスタマー・テクニカル・プレビュー版」の提供を開始いたします。

 「Lumensionリスクマネージャ」は、予め統制がマッピングされた複数の規制を同時に管理可能で、監査業務・エビデンス収集をシステム化することにより、統制の重複を排除した効率的な統制を推進するためのソリューションです。また常時利用可能な監査データにより、視覚化されたリスクや統制状況のリアルタイム検証や、必要なコンプライアンスレポートの即時作成が可能となるIT統制監査業務に係るコストの削減を実現するソリューションです。

具体的には、PCI DSS、FDA、ISMS(JISQ/ISO27001)、Pマーク、個人情報保護法など400種類の規制に対し、2500種類の統制がマッピング済みで予め収録されており、ユーザは必要な規制だけを選択・管理可能です。また社内規定等のカスタマイズ登録にも対応しています。各統制に必要とされる監査データは、サードパーティ製セキュリティソリューションのデータも取り込みも可能な自動コネクターと、自動評価ワークフローによって収集および集中管理されます。このデータ収集の蓄積により必要な統制を満たしていくことにより、結果として組織にとって必要な規制を同時に満たす環境を構築することが可能となります。現在各業界のIT統制およびコンプライアンスが直面している「重複のある複数の規制を遵守する必要性」、「統制に対するセキュリティポリシーの非正確性」、「標準化されていない手作業のプロセス管理」、「断片的なIT資産の可視性」などの問題に対し、「Lumensionリスクマネージャ」は、IT統制監査業務の自動化の手法で、コスト削減を実現します。

ロックインターナショナルでは、このたび評価テストおよび本運用に向けての構築を可能とするため「LumensionリスクマネージャV.4.2 カスタマー・テクニカル・プレビュー版」を開発し、ユーザの状況に合わせた運用・構築手順等と併せて柔軟性のある提供を推進いたします。

■主な機能
□400種類の規制に対応済み(PCI DSS、FDA、ISMS、Pマーク、個人情報保護法など)
□2500種類の統制を各規制にマッピング済み
□複数規制への同時対応
□社内規定や業界独自規定などのカスタマイズ登録が可能
□統制の重複排除
□ダッシュボードによるマネジメント向けサマリー表示
□リアルタイム検証の実現
□コンプライアンス・リスク・セキュリティ運用レポートの生成
□データ収集の自動化
□ワークフローベースのサーベイ
□添付書類によるエビデンス収集
□KPIによるユーザ定義のセキュリティ状態監視:ITリスクの可視化
□修復のモデル化と予測:「What if」プロジェクトのシナリオ作成
□リスクインテリジェンスエンジン搭載
□リスクプロファイリング
□コンプライアンスリスクのアラート機能
□セキュリティソリューションとのI/F機能


■製品の詳細情報はこちら
Lumensionリスクマネージャ:リンク
Lumensionアプリケーションコントロール:リンク
Lumensionデバイスコントロール:リンク

※Lumensionシリーズ製品ホームページ: リンク

本製品は、Lumension社の開発製品であり、北米やヨーロッパの警察・捜査機関や軍隊、政府機関、国際機関、金融・保険機関等に多くの導入実績を持つ、“信頼できる情報漏洩対策ソフトウェア”として定評があります。国内では株式会社ロックインターナショナルが窓口となり販売いたします。

■本件のお問合せ先:
株式会社ロックインターナショナル
ソフトウェア事業部 セキュリティソリューション担当:(宮坂)
TEL:03-5304-5395 / FAX:03-5304-5396 e-mail:info@rockint.co.jp  
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-1

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事