logo

Galaxy S にも対応!! 法人向けセキュリティ管理クラウド・サービス『SPPM for Android』~情報漏えい対策、端末利用ポリシーなどを集中管理~

株式会社AXSEED 2010年10月05日 15時24分
From PR TIMES

株式会社AXSEED(本社:東京都渋谷区、代表取締役:新明善彦)は、
Androidスマートフォンを業務に利用する法人向けにセキュリティ
管理クラウド・サービス “SPPM for Android” をスタートいたし
ます。10月下旬より試用を受け付け、12月に正式にサービスを開始
します。カメラ起動を制限する等のデバイス・コントロールや利用
状況把握を行うことができ、これまでのAndroidスマートフォン用
セキュリティ対策システムとは一線を画したサービスとなります。

“SPPM for Android” により、これまで『セキュリティは未知数』、
『自由すぎてセキュリティ確保は困難』と言われる “Androidの
セキュリティ問題” を解消します。




【 SPPM for Android 概要 】
SPPMはITシステム管理者や情報管理担当者向けのスマート
フォン・セキュリティ統合管理システムです。

管理者がSPPM管理サーバにて設定したセキュリティ・ポリ
シーを、スマートフォン端末で常駐稼働するSPPM端末ソフト
が自動的に取得し、強制適用します。端末内部の状況はLog
として管理サーバに蓄積され利用状況を把握できます。

SPPMは、もともとWindows Mobileスマートフォン用として
開発されたシステムであり、警察,消防,金融,通信事業者,
建設,設備,メーカー等広い分野での利用実績がございます。
業界に先駆けAndroidスマートフォンに対応することで、
Androidスマートフォンの法人市場の活性化に貢献して
まいります。

リンク


【 Androidスマートフォン対応の背景】
スマートフォン市場の中でも、2010年にもっとも大きく成長
を遂げたAndroidスマートフォン。しかし、Blackberry、
Windows Mobileと比べて法人分野での活用まで至っていない
現実がございます。その背景としては、Androidの
セキュリティ管理ツールやMDM (Mobile Device Management)
ツールの不在が挙げられます。 “SPPM for Android”は、
法人での一括採用やビジネス活用の障害となっている
これらの問題を払拭し、Androidスマートフォンのビジネス
活用を強力に推進します。



【SPPM for Androidの特長】
■特長1 セキュリティ・ポリシーの集中管理
Androidスマートフォンに常駐し稼働するSPPM端末ソフトが、
管理者により設定されたセキュリティ・ポリシーをユーザの
意思とは無関係に端末に適用します。万一、Androidを熟知し
たユーザが端末設定を変更した場合でも、SPPMの数十秒毎の
定期内部チェックにより変更を検知し、ポリシーを強制的に
再適用すると共に管理者に通知します。

■特長2  緊急時対策
紛失、盗難等の緊急時には、リモートからの端末ロック、
データ消去、位置情報取得が可能です。管理用電話からの
着信指示により、リアルタイムに緊急処置を実施できます。
電話着信指示の際に端末が電波の届かない場所にあった場合
でも、SPPM端末ソフトは管理サーバへ定期通信し、サーバ
からの指示を実行します。緊急指示の実施状況は、管理画面
にて確認できると共に、管理者にメール通知されます。
Galaxy Sであればデータ削除だけでなく、端末初期化
(ワイプ)も可能です。

■特長3  利用状況把握~異常検知・通報
SPPM端末ソフトからの警報や収集したLog情報から、ポリシー
違反の疑いのある端末や利用されていない端末等を検知して
管理者にメール通知します。


【今後の展開】
■端末管理支援
自社開発アプリや購入アプリの『リモート配布、リモート
・インストール機能』や端末画面にポップアップ表示され
利用者への通知・通達を徹底する『メッセージング機能』
『リモート・データ・バックアップ機能』など、モバイル
端末の日常管理を強力にサポートし管理者負担を軽減します。


【対象のAndroidスマートフォン】
Galaxy S、Xperia、LYNX、HTC Desire、 IS01 に加え、
今後各携帯キャリアより秋・冬モデルとして売される
Androidスマートフォン(Android OS v1.6, v2.1, v2.2)
に対応予定


※リリースファイル(PDF)はこちらをご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事