logo

GMOペイメントゲートウェイ、世界遺産・二条城一口城主募金にGMO-PGのカード決済が採用決定 ~徳川家康の築城以来となる二条城の本格修理が平成23年より開始~

GMOインターネットグループ 2010年10月01日 16時05分
From PR TIMES

2010年10月1日
報道関係各位

GMOペイメントゲートウェイ株式会社
(証券コード:3769 東証一部)
============================================================
GMOペイメントゲートウェイ
世界遺産・二条城一口城主募金にGMO-PGのカード決済が採用決定
~徳川家康の築城以来となる二条城の本格修理が平成23年より開始~
============================================================



 GMOインターネットグループで非対面クレジットカード等の決済事業を展開
するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード3769 本社
:東京都渋谷区、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)が提供する
「公金クレジットカード決済サービス」は、京都市が実施する二条城本格修理
のための「世界遺産・二条城一口城主募金」において、募金のクレジットカー
ド決済サービスとして採用されることが決定いたしました。

 「世界遺産・二条城一口城主募金」は、京都市が平成23年度からおよそ20年
の歳月をかけて実施する二条城の本格修理のための募金活動です。

【背景と概要】
 京都市では、日本のみならず世界の財産として世界遺産・元離宮二条城を、
次の世代へ保存・継承していくために、平成23年度から国宝・二の丸御殿等を
はじめとする文化財建造物の本格修理を予定しております。今回の本格修理は
慶長8年(1603年)徳川家康による二条城築城以来の大修理であり、およそ20
年の歳月をかけ、28棟ある文化財建造物をはじめ城内全ての歴史的建造物を中
心に修理や整備を行う予定です。

 このたびの本格修理にあたり京都市は、市民や観光客より「世界遺産・二条
城一口城主募金」として、平成22年度から平成42年度の21年間で約50億円を目
標に、修理・整備費の寄付を募ります。募金受付は平成22年10月2日より開始
いたします。
 そして、この「世界遺産・二条城一口城主募金」におけるクレジットカード
募金の決済に、GMO-PGの「公金クレジットカード決済サービス」の採用が決定
いたしました。
 今回の選定にあたっては、GMO-PGの持つ多くの導入実績と豊富な運用経験、
高いセキュリティ管理対策等(※)を総合的にご評価いただいたものと考えてお
ります。

(※)GMO-PGは、全てのお客様が安心してサービスをご利用いただけるよう、
セキュリティ対策に積極的に取り組んでおります。事業所全てを対象範囲とし
て、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格ISO/IEC27001:2005
(国内規格JIS Q27001:2006)の認証を達成するほか、JCB・American Express
・Discover・MasterCard・VISAの国際クレジットカードブランド5社が共同で
策定した、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準PCIDSSに完全
準拠しております。また個人情報の取扱いに関しても、プライバシーマークを
取得するなど万全な体制を整備しております。

【GMO-PGの「公金クレジットカード決済サービス」について】
 今回GMO-PGが提供する「公金クレジットカード決済サービス」は、日本年金
機構(旧 社会保険庁)や東京都、大阪府などをはじめとする数々の地方自治
体に採用されており、各自治体においてクレジットカードによる支払い業務を
開始しています。
 「公金クレジットカード決済サービス」は、クレジットカードの有効性確認、
売上請求とカード情報更新業務を行う洗替サービスなどを一元化し、ASPサー
ビスとして提供しているので短期間での導入が可能です。また、本人認証サー
ビスである3-Dセキュア認証に対応したオンライン申込機能も提供いたしてお
ります。

【今後の見通し】
 現在の我が国の民間最終消費支出は約291兆円(*1)であり、それに占めるク
レジットカード決済の取扱金額は約42兆円(*2)にしか過ぎません。クレジット
カード未導入分野である公金市場は20兆円~50兆円とも言われており、この市
場のクレジットカード払いへの適用が今後のクレジットカード市場のさらなる
拡大、さらには国民生活の利便性の向上、公共部門の運営効率の向上に繋がる
と見込まれております。GMO-PGは引き続き、オンラインでの物販分野はもちろ
んのこと、生活に密着した毎月の支払いの分野にクレジットカード決済サービ
スを普及させるべく、サービスの導入推進に努めてまいります。

(*1)平成20年度国民経済計算
(*2)「日本の消費者信用統計」平成22年版(社団法人日本クレジット協会)

■GMOペイメントゲートウェイ株式会社 URL:リンク
 GMO-PGは、インターネットショップなどの非対面販売型の事業者、CATVや
NHKなど月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構(旧 社会保険庁)や東
京都など公的機関等に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを
提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、
日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリー
ディングカンパニーとして、イノベーションをリードし、EC化率向上に貢献い
たします。

--------------------------------------------
【自治体の皆様お問合せ先】
◆GMOペイメントゲートウェイ株式会社 公金サービス専用ダイヤル
TEL:03-3464-7633 FAX:03-3464-2477 E-mail:info_go@gmo-pg.com
--------------------------------------------
【報道関係お問合せ先】
◆GMOペイメントゲートウェイ株式会社 経営企画室
TEL:03-3464-0182 FAX:03-3464-2477 E-mail:ir@gmo-pg.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp
--------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOペイメントゲートウェイ株式会社 会社概要】
会社名 GMOペイメントゲートウェイ株式会社 < リンク>" target="_blank">リンク>
(東証一部 証券コード:3769)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 渋谷ヒューマックスビル
代表取締役社長 相浦 一成
事業内容  ■クレジットカード等の決済処理サービス及び付帯するサービス
資本金 6億5,581万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 < リンク >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長  熊谷 正寿
事業内容  ■WEBインフラ・EC事業
      ■インターネットメディア事業
資本金 12億7,683万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp/

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。