logo

キヤノンマーケティングジャパングループがクラウドビジネスを強化 中核企業キヤノンITソリューションズに専門組織を設立

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:川崎正己、以下キヤノ
ンMJ)は、クラウドビジネスのさらなる加速を目的に、グループのクラウ
ドビジネスを推進する中心的な組織「クラウドビジネスセンター」を、キ
ヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(社長:浅
田和則、以下キヤノンITS)に、本日付で新設します。

キヤノンMJグループでは、「顧客への独自の付加価値を提供するサービス
企業グループへ変革する」という中期経営計画の基本方針に則り、ITグルー
プ企業の再編、高品質なITサービスを提供するための共通基盤の構築、新
データセンターの建設(2012年秋竣工予定)を進めてきました。このほど、
クラウドビジネスセンターを核に組織体制を強化することで、クラウドビ
ジネスの展開をさらに加速します。

クラウドビジネスセンターの主な役割は、キヤノンMJグループのクラウド
ビジネスの事業戦略・ビジネスモデルの策定、ITサービス共通基盤の構築、
新規サービスの創造スキーム確立、ビジネス推進体制の強化、スキルアッ
プ推進です。
キヤノンMJグループ各社は、これまで独自にクラウドビジネスへの取り組
みを進めてきましたが、今後はクラウドビジネスセンターに、各社が培っ
たノウハウや顧客のニーズ、さらに主力ビジネスであるキヤノン製品をは
じめとするハードウエアの販売やシステムインテグレーションのノウハウ
を集約することで、グループシナジーの最大化を図ります。
これにより、導入検討から運用フェーズにいたるまでのコンサルティング、
プライベートクラウドの構築、パブリッククラウドとの連携、回線の提供、
顧客の社内ネットワークの構築、ハードウエアの提供および保守サポート
まで、より一層価値の高いサービスを一元的に提供することが可能になり
ます。
「イメージング」「プリンティング」「グループIT」をテーマに、キヤノ
ンが得意とする優れたイメージング技術・プリンティング技術と、キヤノ
ンMJグループの社内ITをクラウド上で稼動させることで得られるノウハウ
を反映し、顧客のニーズにあわせたサービスを提供していきます。2011年1
月より稼動を開始する「ITサービス共通基盤」上で順次サービスを開始し、
2013年以降は、「ITサービス共通基盤」を、外部のSaaSベンダーに向けた
PaaSとしても提供していきます。

また、クラウドビジネスセンターは、キヤノン株式会社(社長:内田恒二)
が進めるクラウドビジネスとの連携を強化し、キヤノングループにおける
グローバルなサービス事業拡大に向けた取り組みの一翼を担います。

<ソリューション領域>
2011年1月より稼動を開始する、最新技術を集約した「ITサービス共通基盤」
上で、キヤノンMJグループの強みである「イメージング」「プリンティン
グ」「グループIT」を活かしたサービスを展開していきます。

1. イメージング
編集・アーカイブ・検索など、キヤノンが得意とする優れた画像処理技術
を用いたサービスを提供します。コンパクトデジタルカメラから放送局用
カメラまでをトータルに提供するキヤノンの強みを活かします。

2. プリンティング
帳票印刷・圧縮技術など、キヤノンの優れたプリンティング技術と、ハー
ドウエアを連携させたサービスを提供します。

3. グループIT
社内ITをクラウド上で稼動させ、そのノウハウを反映したサービスを提供
します。製造業・開発会社の立場でクラウド利用を実践し、そのノウハウ
をサービスに反映します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。