logo

STM32の開発者向けにオーディオ性能を強化するソフトウェアを発表

STマイクロエレクトロニクス 2010年10月01日 11時00分
From PR TIMES

Spirit DSP社と協力して開発した、
オープン・ソース・ソフトウェアに替わる専門的なソフトウェアへの無料
アクセスを提供




マイクロコントローラ(以下マイコン)の主要サプライヤであるSTマイクロ
エレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、オーディオ分野において専門性を
有するSpirit DSP社と協力して開発した、オーディオ・ソフトウェアを無料で
提供します。同ソフトウェアは、一般的なオープン・ソース・ソフトウェア
よりも優れた機能・性能を備えており、家庭用オーディオ機器の開発者が、
32bitマイコン STM32を最大限利用できるようサポートします。

STM32 Spirit Audio Engineには、高品質なコーデック、豊富なオーディオ・
システム機能、少ないメモリ使用量、長いバッテリ寿命、および徹底した技術
サポート等のメリットがあります。通常はこれらのメリットが、専門的に開発
されたプラグ・アンド・プレイ・ソリューションをオープン・ソース・
ソフトウェアと比較した場合の差別化要因になりますが、STM32 Spirit Audio
Engineは無料で利用できるため、オープン・ソース・ソフトウェアが持つ大きな
魅力の1つも兼ね備えています。

さらに、STM32 Spirit Audio Engineは、STの高性能STM32アーキテクチャ向けに
最適化されているため、アプリケーションに特化した高度な機能を実装する
ために利用可能な処理能力とメモリ容量が増加しています。STM32 Spirit
Audio Engineは、同期データ転送を可能にする2個のオーディオ・クラスI(2)S
ポートを備えた「STM32コネクティビティ・ライン」の製品と共に使用した際に
特に効果を発揮し、接続した機器とのUSB2.0 OTG、イーサネットおよび
CAN通信もサポートします。

STM32が有するオーディオ機器の性能強化に役立つその他の共通機能としては、
最大1MBの内蔵Flashメモリ、最大12個のDMAチャネル、バッテリの長寿命化を
可能にする高性能パワー・マネージメント、全てのデバイスにおけるピン・
ソフトウェアの完全な互換性等があります。

STのマイクロコントローラ事業部 ジェネラル・マネージャであるMichel Buffa
は、次の様にコメントしています。「オーディオ分野におけるSpirit DSP社の
専門性は、ソフトウェア専門家、システム・ベンダ、ICメーカの間で十分に
認められています。当社のお客様は、無料で利用できる専門性のメリットと
STM32の優れた性能、機能および拡張性を組み合わせ、革新的な高機能製品を
競争力ある価格で迅速に市場に送り出すことができます。」

STM32 Spirit Audio Engineの主な特徴

・オーディオ・デコーダ
 ・MP3エンコーダ
 ・内蔵イコライザ付きMP3デコーダ
 ・内蔵イコライザ付きWMAデコーダ

・オーディオ・ユーティリティ
 ・音量調節
 ・3バンド・パラメトリック・イコライザ
 ・チャネル・ミキシング

ライセンス情報
現在、STM32 Spirit Audio Engineは、無料ライセンスとして利用できます。
最終製品におけるMP3 / WMA技術の使用に伴うライセンス料およびロイヤリティ
は含まれていないため、使用者が各団体に支払う必要があります。

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。2009年の売上は
85.1億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
MMSグループ
TEL:03-5783-8240 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事