logo

仮想発電所の発電力は2015年に2倍規模に

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は調査レポート「仮想発電所市場の分析と予測:需要反応、供給、電源の組合せ、仮想発電所の卸売オークション - Virtual Power Plants」のプレスリリースにおいて、2015年までに、世界の仮想発電所の収益は74億ドルに達するだろう、との予測結果を発表しました。

仮想発電所(VPP)のソフトウエアシステムによって、多様化が進む発電、エネルギー貯蔵、需要削減アセットを効率よく管理することが出来るようになった。分散発電や貯蔵技術、デマンドレスポンスプログラムなどによって、発電電源の混合は、今後数年間でますます複雑になるだろう。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「仮想発電所市場の分析と予測:需要反応、供給、電源の組合せ、仮想発電所の卸売オークション - Virtual Power Plants:Demand Response, Supply-Side, Mixed Asset, and Wholesale Auction VPPs: Market Analysis and Forecasts」は、世界の仮想発電所市場のキャパシティは、今後5年で倍増し、基本的なシナリオによっても、2009-2015年に19.4ギガワット(GW)から41.1ギガワットに上昇するだろうと報告している。2015年までに、世界の仮想発電所の収益は74億ドルに達するだろう。


「仮想発電所によって、電力会社は大規模なインフラを増設しなくても、発電と需要反応によって供給力を向上することができるようになる。このアプローチは、顧客だけでなく、配電元である電力会社にとっても、送電するグリッドオペレータにとっても、大いに利点がある。世界の発電市場で現在主流である化石燃料ベースの集中型の発電所に比べると、仮想発電所の第一のメリットは、顧客の利用状況に対応して、発電力を迅速に変えることができることである」とパイクリサーチ社のシニアアナリストPeter Asmus氏は語る。


【調査レポート】
仮想発電所市場の分析と予測:需要反応、供給、電源の組合せ、仮想発電所の卸売オークション
Virtual Power Plants
Demand Response, Supply-Side, Mixed Asset, and Wholesale Auction VPPs: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。