logo

パイオニア、HDD/BDレコーダー内蔵デジタルセットトップボックス「BD-V8700R」を発売

Kawasaki, Sept 29, 2010 - (JCN Newswire) - パイオニア(TSE:6773)は、500GB のハードディスク(HDD)とブルーレイディスクレコーダー(BDレコーダー)を搭載した、国内ケーブルテレビ用デジタルセットトップボックス「BD-V8700R」を発売します。


数多くの番組を楽しめるケーブルテレビに加入している方の多くは、「都合のよい時間に番組を視聴したい」「好きな番組を高画質のまま保存したい」といったニーズを持っています。本機は、デジタル放送を2番組同時に高画質・高音質で長時間録画できる、業界初*1の「ダブルトランスコーダー」を搭載しており、いつでもHDDに録画した番組を見ることができます。さらに、2 番組同時長時間録画中でもディスク再生やディスクへの高速ダビングができるため、ケーブルテレビならではの多チャンネルデジタル放送を存分に楽しむことができます。


【主な特長】
(1)業界初*1、長時間モードでの2番組同時録画が可能な「ダブルトランスコーダー」を搭載
デジタル放送を、フルハイビジョン画質のまま長時間10倍モードで2番組同時に録画することができます。HDDに最大446時間録画した番組を、いつでも楽しむことができます。


(2)長時間モードで2番組同時録画中に、BDの再生や高速ダビングが可能
長時間モードで2番組同時録画しながら、BDの再生や録画した番組のディスクへの高速ダビングが可能です。番組録画中でもBDの映画を楽しんだり、ダビング作業を行うことができます。


(3)業界初*1、画質変換ダビング中に、放送番組の視聴、録画*2やビデオオンデマンド(VOD)*3の視聴が可能
時間のかかる画質変換ダビング中にも、放送番組の視聴、録画やVODの視聴が可能なので、時間を気にせずにダビングすることができます。


(4)携帯電話への番組持ち出し*4や、さまざまなコンテンツの取り込みが可能
録画した番組を、別売の携帯電話用USBケーブルを使用して高画質で携帯電話に転送し、外出先で楽しむことができます。また、デジタルカメラやハイビジョンビデオカメラ*5 で撮影したコンテンツをHDDに取り込むことができるので、テレビで視聴したり、編集してディスクに保存することができます。


(5)ソフトウェアのバージョンアップ*6でホームネットワークに対応*7
ホームネットワークに対応するバージョンアップを予定しています。バージョンアップ後は、別の部屋に設置した当社セットトップボックス「BD-V301 シリーズ」とネットワークを組めば、本機に録画した番組を別の部屋で楽しむことができます。


商品名: BDレコーダーセットトップボックス
型番: BD-V8700R
希望小売価格: オープン価格
発売時期: 10月上旬


詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


*1 2010年9月時点、ケーブルテレビデジタルセットトップボックスとして。
*2 画質変換ダビング中は、長時間モードで1番組録画のみ可能です。
*3 加入者が見たいとき、さまざまなコンテンツを視聴できるサービス。
*4 携帯電話用のUSBケーブル(別売)を使用。対応する携帯電話は、別途ご案内します。
*5 AVCHD方式のハイビジョンビデオカメラとUSBケーブル(ハイビジョンビデオカメラに同梱)で接続。すべてのビデオカメラとの接続を保証するものではありません。対応するビデオカメラは、別途ご案内します。“AVCHD”はパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
*6 バージョンアップのソフトウェアについては、準備が出来次第ご案内します。
*7 家庭内ホームネットワーク(LAN)接続が必要です。


概要: パイオニア株式会社
詳細は リンク をご覧ください。


この商品に関するお問い合わせ先
ケーブルテレビ事業者様:
ケーブルネットワーク事業部 営業部
TEL 044-580-3917

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。