logo

モバイルネットワークのバックホール

マイクロ波、E1/T1、ファイバー、ケーブル、有線ソリューション

3Gと4Gのモバイルネットワークのスループットがより高速化したことや、スマートフォンの普及、OS関連アプリケーションや「使い放題」データプランの増加によって、データサービスは成長し、順調にマス市場に到達した。同時に、過去5年間でモバイルデータの利用が急激に増加し、ネットワークの混雑が始まった。増加する帯域幅に対応するために、多くの携帯電話会社が、パラレルT1/E1を追加する以外にも、迅速に新しいソリューションを見つけざるを得なくなった。T1/E1は、高速の3Gや4Gの帯域幅要求にはコストが見合わなくなってきている。このことは、オールIP 4Gネットワークへの移行が避けられないものであることを意味しており、現在のバックホールソリューションで解決しなければならない問題の端緒でもある。キャリヤイーサネットは、1ビットあたりのコストが安く、多くのデータを扱えるが、同期などの問題がある。他にも、それぞれのオペレータの需要に見合った形で、従来のATM、SDH、SONETプロトコルからIPプロトコルにどのように移行するかという問題もある。
この調査レポートは、アグリゲーションとアクセスに分けてこの問題を分析し、この分野の主要企業のプロフィールや革新的な機能を導入するいくつかのソリューションについて記載している。接続技術毎のCAPEXとOPEXの予測、地域毎のデータトラフィックの予測、バックホールサービスのリースへのOPEX、地域毎のモバイルデータサービス、マイクロ波のインフラベンダの市場シェア、地域毎の基地局新設のマイクロ波のCAPEXなどを記載している。


【調査レポート】
モバイルネットワークのバックホール:マイクロ波、E1/T1、ファイバー、ケーブル、有線ソリューション
Mobile Network Backhaul
Microwave, E1/T1, Fiber, Cable, and Wireline Solutions
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。