logo

OKI、SaaS型コールセンターサービス「CTstage(R) SaaS」を販売開始

Tokyo, Sept 27, 2010 - (JCN Newswire) - OKIグループの通信事業分野で商品企画・開発・販売を行うOKIネットワークス(社長:西郷 英敏、本社:東京都港区)は、このたび国内No.1のシェアを誇るコールセンターシステム「CTstage(R) 5i」を使用したSaaS*1型コールセンターサービス「CTstage(R) SaaS」の販売を本日より開始します。本サービスは、自社に設備を保有せずにコールセンターを開設したいお客様を対象に、1席月額25,000円からの定額で提供します。本サービスの提供開始時期は10月中旬を予定しています。


OKIネットワークスでは、これまでIPベースのコールセンターによる拡張性や柔軟なカスタマイズを重視するお客様に、「CTstage」をユーザーが自社内に構築するインハウス*2型コールセンターシステムとして販売してきました。しかし、近年の景気動向の影響により、設備投資を抑制する企業が増えるなか、コールセンターシステムにおいても初期投資が少なく、お客様の目的に合わせて座席数の増減に柔軟に対応することが可能なSaaS型サービスが注目されています。そこで、OKIネットワークスでは、こうした市場ニーズに応えるため、「CTstage 5i」のSaaS型コールセンターサービス「CTstage SaaS」を提供開始することにしました。


本サービスは、データセンターに構築した「CTstage 5i」のコールセンターシステムをSaaS型サービスとして定額で提供します。お客様は「CTstage 5i」の標準機能であるACD*3機能、IVR*4機能、管理者機能(稼働状況監視、レポート機能)、通話録音機能に加え、「CTstage」のフロントアプリケーション「CC Navi(TM) for CTstage」を利用した簡易CRM機能も利用できます。


また、本サービスでは、OKIネットワークスがシステム構築を行うほか、回線やオペレーターの登録設定、データのバックアップなどの管理者業務を代行するため、お客様はシステムの管理や保守工数を大幅に軽減することができ、コールセンター業務に専念できます。さらに、本サービスで提供するコールセンター機能は、お客様の業務システムや顧客データと連携することも可能な上、既存の受付用電話番号をそのまま利用できるため、既存業務の環境を維持しながら新しいシステムへ移行することができます。


なお、本サービスは、先行ユーザーとして臨床検査機器システムメーカー「株式会社エイアンドティー」他1社の導入が決定しています。


OKIは今後も、コールセンターシステムのスペシャリストとしてお客様の要求にお応えしつつ、さらに革新的なソリューションをワンストップで提供し、お客様の価値向上と成功への貢献を目指していきます。


【販売計画】
標準価格: 基本利用料: 25,000円(税抜き)/席(月額)~
* 下記【サービスメニュー】の基本サービス料金です。オプションサービスは別料金となります。
サービス開始時期: 2010年10月中旬
販売目標: 今後3年間で3,000席


【サービスメニュー】
◆基本サービス
- コールセンター基本機能利用サービス
通話機能、ACD機能、管理者機能(稼働状況監視、レポート機能)などの利用


- 運用維持管理サービス
統合ヘルプデスクサービス
システム保守(監視サービス、ハードウェア/ソフトウェア保守など)


- 運用管理代行サービス
回線契約代行
運用データのバックアップ
オペレーターおよびオペレーターグループ情報の登録/変更作業
「CTstage」およびMicrosoft Windows(R)のパッチ投入作業
回線増減にともなう設定


◆ネットワーク接続サービス
WAN回線(データセンター/お客様拠点間)の利用
外線(ISDN)の利用


◆オプションサービス
- 通話録音機能利用サービス
通話録音機能の利用
通話録音ファイルの定期バックアップ作業


- IVR利用サービス
IVR機能の利用
IVRのスケジュール変更作業


- アプリケーション連携インターフェース利用サービス
CRM連携用API(Application Interface)の利用


- フロントアプリケーション利用サービス
「CC Navi for CTstage」利用サービス


【注釈】
*1: SaaS(サース、Software as a Service)
ユーザーが必要なソフトウェア機能を必要な期間、必要な分だけサービスとして利用できるソフトウェア(主にアプリケーションソフトウェア)の提供形態。一般にはインターネット経由で必要な機能を利用する仕組みで、ユーザーは利用する機能および期間に応じた料金を支払う。
*2: インハウス
企業(の施設、組織)の中にあるということ。「インハウス・コールセンター」、「インハウス・サーバールーム」のように使い、アウトソースしないで自社内に構築して運用することを指す。
*3: ACD(Automatic Call Distributor): 着信呼をオペレーターに自動的に振り分ける機能。
*4: IVR(Interactive Voice Response): 自動音声応答機能。


【CTstageについて】
「CTstage」は、1996年の販売開始以来、累計販売数は6,900セット(2010年3月末時点)を超え、国内シェアNo.1 のコールセンターシステムとして幅広い分野に導入・運用されています。最新バージョン「CTstage 5i」では、大規模・分散拠点コンタクトセンタ需要に対応した機能を強化し、50席以下の小規模顧客向けには従来よりも低価格でシステム導入を実現する「CTstage Lite」をリリースするなど、常に最新のシステムを提供しています。
URL: リンク


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 山本
電話: 03-5403-1247
e-mail: press@oki.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIネットワークス
事業本部 マルチメディアメッセージングビジネスユニット
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。