logo

King & Spalding、シンガポール事務所を開設

Singapore - Sept 21, 2010 - (JCN Newswire) - 大手国際法律事務所のKing & Spaldingは、シンガポール政府から必要な認可を受けた後、シンガポールに事務所を開設したことを、本日発表しました。事務所は、King & Spaldingのアジア太平洋地域のエネルギーおよび国際仲裁訴訟業務の要として、機能する予定です。これはKing & Spaldingの米国外で8番目の事務所です。


「シンガポールは主要国際仲裁センターとして確立しており、地域全体のエネルギーおよびインフラ投資も増大していますので、弊社がエネルギーおよび調停訴訟というふたつの得意分野を持続的に拡大する拠点として、シンガポールが最適な位置にあることは疑いありません。」と、King & Spalding会長のRobert D. Hays, Jr.は述べました。


King & Spaldingは、今年8月にシンガポール事務所を開設する計画を始めました。同時に、Shearman & Sterlingの元国際仲裁担当副会長で、元アジア争議案件チーフのJohn Savageを国際仲裁パートナーに任命したことを発表しました。


前回の発表のとおり、新事務所の所長はPhilip R. Weemsとなる予定です。Weemsは、King & Spaldingのグローバルエネルギー訴訟の共同指揮も、シンガポールに拠点を移して続行します。著名なLNG関連問題のオーソリティとして、アジア地域で30年近くも業務を行ってきたWeemsは、King & Spaldingのドバイ、リヤドおよびアブダビ事務所で、2007年から今年はじめまで業務執行社員を務めていました。King & Spaldingのヒューストン事務所からは、アジアの大規模プロジェクトで幅広い経験を持つ国際取引専門弁護士のDaniel R. Rogersが、シンガポール事務所にパートナーとして加わります。


シンガポール・チームが現在取り扱っている仲裁事案には、米国の多国籍企業が中東のパートナーに対して起こした大規模仲裁や、石油メジャー企業とあるアジアの国の間の争議、海運セクターでの個別仲裁、未公開株式企業とパキスタンのパートナーの仲裁などがあります。


新しいKing & Spalding事務所は、シンガポールの中央ビジネス地区にあるOne Raffles Placeにあります。


King & Spaldingは、大手国際仲裁およびエネルギー訴訟で、世界をリードする企業のひとつです。King & Spaldingは、優れた国際仲裁により2010 Chambers USAおよび2010 Chambers Latin America Awardsを受賞しました。また、Focus Europeの2009 Arbitration Scorecardで第2位を獲得しています。King & Spaldingは、2010 International Legal Alliance Summit and Awardsで、金融、インフラおよびエネルギーのプロジェクトで最高の米国法律事務所として表彰されました。Chambers Globalガイド2010年版には、King & Spaldingが、米国でトップクラスのエネルギーおよび天然資源会社として記述されました。


King & Spaldingについて
King & Spaldingは、アブダビ、アトランタ、オースチン、シャーロット、ドバイ、フランクフルト、ヒューストン、ロンドン、ニューヨーク、リヤド(関連事務所)、サンフランシスコ、シリコンバレー、シンガポールおよびワシントンDCに800人以上の弁護士を擁する国際法律事務所です。同社は、フォーチュン100社の半数の代理人を務めています。また、Corporate Counsel社が2009年8月に実施した調査では、それらの企業の代理を務めている合計件数で第5位にランクインしました。詳しい情報は、リンクをご覧ください。


お問合せ先:
King & Spalding
Les Zuke
+1 212 827 4392
lzuke@kslaw.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。