logo

EMCジャパン、仮想化環境をさらに効率化するユニファイド・ストレージの新ハードウェアや新機能の提供を開始

従来比30%の低価格を実現したフラッシュ・ドライブやOracle、Microsoft SQLサーバ環境のパフォーマンスを2倍に向上させる「FAST Cache」機能など

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:諸星 俊男、URL:リンク)は、ユニファイド・ストレージである「EMC CLARiX」や「EMC Celerra」において、プライベート・クラウドに求められる仮想化環境で高い性能効率を実現する新ハードウェアと、管理の容易さを可能にする新機能の提供を本日より開始したと発表しました。

■新価格のフラッシュ・ドライブ (EFD:エンタープライズ・フラッシュ・ドライブ/SSD:ソリッド・ステート・ドライブ)とユニファイド・ストレージの新機能が、仮想化、統合に必要な効率性を大幅強化

EMCでは、標準価格ベースで最大30%のコスト削減となる、100GBと200GBのEFDを発売することで、EFDをこれまで以上に購入しやすいものにしました。このEFDと、ユニファイド・ストレージが提供する、自動階層化「EMC FAST(Fully Automated Storage Tiering)」、EFDをキャッシュとして利用する「FAST Cache(ファスト・キャッシュ)」、「ブロック・データ圧縮機能」の3つの新機能によって、仮想化環境、統合に求められるストレージの効率化を実現します。

・最大30%のTCO(総所有コスト)の改善
・非活性データによるストレージの消費量を最大50%改善
・Oracle、Microsoft SQLサーバ環境のパフォーマンスを2倍に向上
・VMware Viewのレスポンス・タイムが80%以上改善

■ストレージの管理も簡素化、VMwareと連携する新機能が仮想化環境のストレージ管理を大幅改善

使い勝手をさらに改善したストレージ管理ツール「EMC Unisphere(ユニスフィア)」、VMware の管理ツールである「vCenter」からストレージ管理を実現するプラグイン、APIレベルでVMwareと連携する「VAAI(vStorage APIs for Array Integration)」の搭載により、仮想化及び物理環境におけるストレージ管理を、以下のように改善、ストレージ管理を誰でも簡単に実行することができます。

・SQL OLTPのようなアプリケーションの負荷調整の設定は、一度のみで、時間を80%短縮
・共通タスクの管理用クリック数を90%以上削減
・2クリックのみで「VMware vCenter Server」からストレージをプロビジョニング
・VMwareと連携する最新機能が、I/Oを10分の1に削減しVMwareサーバの統合を加速させ、仮想マシンの導入、クローン、スナップショットおよびStorage VMotionによる移行を10倍高速化 

■価格と提供
価格:「CLARiX CX4-120」、「Celerra NS-120」いずれも最小構成366万円(税込み)から

提供:本日発表の新機能と新ハードウェアは、EMCジャパンおよびEMCジャパンのVelocityパートナーから本日より提供されます。ただし、別添資料にある「FCoE(Fibre Channel over Ethernet)」は2010年第4四半期(10月~12月)より提供開始します。なお、「ユニファイド・ストレージ」のキャンペーン・ページを、下記よりご覧いただけます。
リンク

■製品写真:
「CLARiX CX4-120」
リンク
「Celerra NS-120」
リンク


◆EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を
創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
リンク

本件に関するお問い合わせ窓口
■EMCジャパン株式会社  マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

EMC、CLARiX、Celerra、FAST、Unisphereは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。 

【別添】
本日提供を開始した新機能と新ハードウェアは、以下となります。

■効率化を実現する3つの新機能: 
・ハイエンド・ストレージ以上のキャッシュ容量が可能な「FAST Cache」。新しいパフォーマンスの適応技術により、アプリケーションの起動を自動かつ従来の2倍の速さで実施可能で、これまでの管理者が不要
・「EMC FAST」の新バージョンにより、容量と性能利用を同時に効率化
・ストレージ容量を最大50%まで削減可能にする「ブロック・データ圧縮機能」

■VMware仮想化環境で効率化・簡素化を更に加速:
・サーバ負荷をストレージへオフロードしてサーバ統合率を向上「CLARiX」および「Celerra」ストレージ・システムが「VMware VAAI」に対応
・VMwareサーバ管理者が簡単にストレージ設定・管理VMware管理者が使う「VMware vCenter」でストレージの設定・管理が実行可能

■従来比30%の低価格を実現したEFD(エンタープライズ・フラッシュ・ドライブ)標準価格ベースで最大30%のコスト削減となる、100GBと200GBの大容量EFDを提供

■FCoE(Fibre Channel over Ethernet)提供(2010年第4四半期(10月~12月)より提供開始):
・FCoE の組み込みにより、無駄な機器を経由しない接続性をお客様に提供可能
・既存の「CLARiX」や「Celerra」のお客様はオンラインにてFCoEのアップグレードが可能
・ビルトイン・サポートにより、従来は複数必要とされたファイバー・チャネルHBAやNICといったインフラのコストを最小化し、ケーブルの統合、さらに、電力や冷却エネルギー費用の大幅な削減が可能

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。