logo

GMOグローバルサイン社、ライセンス体系を変更、1つのSSLサーバ証明書を複数のサーバで利用可能に!

GMOインターネットグループ 2010年09月21日 17時02分
From PR TIMES

2010年9月21日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社
============================================================
GMOグローバルサイン社
ライセンス体系を変更、1つのSSLサーバ証明書を複数のサーバで利用可能に!
============================================================



 GMOインターネットグループのGMOホスティング & セキュリティ株式会社の
連結子会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社
(代表取締役社長:中條 一郎 以下、GMOグローバルサイン社)は、9月21日
(火)より、SSLサーバ証明書サービス「クイック認証SSL」「企業認証SSL」
「EV SSL」において、1枚のSSLサーバ証明書を複数台のサーバにインストール
できるよう、ライセンス体系を変更いたします。これにより、近年急速に市場
が拡大しているクラウド環境でご利用いただく際にも、SSLサーバ証明書を追
加で購入する必要なくサーバ増強が可能となります。

【SSLサーバ証明書の追加ライセンス無償化】
(URL:リンク
 GMOグローバルサイン社が提供するSSLサーバ証明書サービスでは、これまで
同時に稼働するサーバが複数台存在する場合には、サーバ台数分のSSLサーバ
証明書をご購入していただく必要がありました。
 この度GMOグローバルサイン社は、ライセンス体系の見直しを行い、サーバ
台数分が必要であったSSLサーバ証明書を、1コモンネーム(*1)に対して1枚ご
購入いただければ、複数サーバでもインストールして利用できるようにライセ
ンス体系を変更いたしました。なお、ライセンス体系の変更後も、SSLサーバ
証明書の価格に変更はございません。よって、お客様は、複数サーバで構成さ
れたウェブサイトでも、コストを抑えてSSLサーバ証明書をご利用いただけま
す。
 また、同一ドメインによる複数コモンネームのサイトを運用する場合は、
「ワイルドカードオプション」(*2)を組み合わせることで、1枚のSSLサーバ証
明書でSSL暗号化を行うことができます。

(*1)コモンネーム(Common Name)とは、ブラウザでサーバにアクセスする際に
  入力するURL(FQDNまたはIPアドレス)に相当します。
(*2)ワイルドカードオプションとは、1サーバ内で1つのドメインで収容
  されるコンテンツ全てにおいてSSL暗号化通信を実現するオプション
  サービスです。例えば複数のサブドメインのサイトでも、1枚の証明書で
  ご利用いただけます。

■サーバ5台に「クイック認証SSL」を導入した場合の費用の変更例
※変更例につきましては、以下のURLをご参照ください。
 URL:リンク


 GMOグローバルサイン社は、インターネットの安全性の向上に貢献するべく、
お客様のニーズに応じて利便性の高い商品を提供してまいります。

--------------------------------------------
◆GlobalSignとは
 世に電子認証サービスが登場し始めた初期の段階より、ベルギーで10年以上
にわたって電子認証サービスの提供を行ってきた認証局です。ベルギー政府関
連機関への数多くの実績を持ち、eID※(BELPIC)をはじめとするベルギー電子
政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認証局への認証を行っ
ております。2006年にGMOインターネットグループ傘下となり、政府レベルの
セキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展開しております。

※eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID カード
   プロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りの
   IDカードが配布される。
--------------------------------------------
主な実績:(数値は累積発行数)
・10万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績
・140万枚を超える電子証明書発行実績(個人向けデジタルID・ウェブ
 サイト・ICカード向けなどを全て含む)
・合計2,000万枚以上の証明書発行実績を持つパブリックルート認証局
 (下位認証局からの発行含む)
・政府関連機関をはじめとするベルギー官公庁・大手企業への数多くの納入実績
--------------------------------------------
主なプロフィール:
・ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局
・CABF(CA/Browser Forum)メンバー
 日本ではGMOグローバルサインがJCAF(日本電子認証協議会)のメンバー
 として参加
・Anti-Phishing Working Groupメンバー
--------------------------------------------

--------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
◆GMOグローバルサイン株式会社 マーケティング部 是次
TEL:03-5728-1551  FAX:03-5728-1552  E-mail:pr@globalsign.co.jp
--------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOホスティング&セキュリティ株式会社 経営財務本部 広報担当 加藤
 TEL:03-6415-6100  FAX:03-6415-6101 E-mail:pr@gmo-hs.com

◆GMOインターネット株式会社 グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp
--------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOグローバルサイン株式会社 会社概要】
会社名 GMOグローバルサイン株式会社 < リンク >
所在地 東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
代表取締役社長 中條 一郎
事業内容  ■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金 3億5,664万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOホスティング & セキュリティ株式会社 会社概要】
会社名 GMOホスティング&セキュリティ株式会社 < リンク >
  (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 青山 満
事業内容  ■ホスティングサービス事業
      ■セキュリティサービス事業
資本金 9億832万円(2010年6月末現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 < リンク >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長  熊谷 正寿
事業内容  ■WEBインフラ・EC事業
      ■インターネットメディア事業
資本金 12億7,683万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp/

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。