logo

企業データ詳細に約10万社の企業ホームページURLデータを会員企業向けに提供。

~与信判断や営業促進の一助として企業ホームページ情報を直接閲覧できる~




 与信管理サービスを提供するリスクモンスター株式会社 (以下リスモン、本社:東京都千代田区、リンク)は、2010年9月19日より、主力サービスである取引先の与信判断ツール「e-与信ナビ」の新サービスとして約10万社の企業ホームページURLデータを与信管理サービス会員企業向けに提供開始いたします。

1.サービス名:「e-与信ナビ」(企業ホームページURLデータ)
2.利用料金:無料(月額利用料金内)
3.検索・閲覧対象企業数:約10万社(提供開始時点)
4.提供開始予定日:2010年9月19日
5.内容:
 企業ホームページURLデータは、企業ホームページや、その企業概要ページのURLデータ(9/19提供開始時点では約10万社)を紐付けたものとなっており、リスモン独自の収集データです。それらは独自開発のデータ収集システム及び連結子会社リスモン・マッスル・データ株式会社(以下RMD、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤本 太一、リンク)の中国海南島センターのリソースを活用して日々収集・蓄積してきたものとなります。
 これにより既に提供している国内最大級の240万社の企業情報と共にリスモンが提供する企業情報をより充実させることが可能となります。

 今や企業にとってホームページは会社の顔であり、多くの企業が事業内容、取扱商品、ニュースなどを公開しています。会員企業は、「e-与信ナビ」の企業データ詳細から企業ホームページや、その企業概要ページに手軽にアクセスできるようになることで与信判断や営業促進の参考情報として活用することが可能となります。

 サービススタートはリスモンの設立10年を迎える9月19日となります。
 引き続き、データベースの増強と与信判断の精度向上につとめ、会員様の期待に応えていく所存です。


6.「e-与信ナビ」について:
与信意思決定に有効となる具体的な取引可否判断指標を提供するサービスです。新規取引や既存取引先の与信判断ツールです。主な機能は以下のとおりです。

(1)RM格付 
 検索した企業について、倒産確率に裏付けられたA~Fの6段階の最新格付を提供。格付の変遷 や短期傾向とあわせて信用力のトレンドを把握できる。
(2)RM与信限度額
 会員企業の財務体力及び検索企業の取引内容を鑑みた与信限度額を独自のロジックで算出。
(3)プレイバックモンスター
 決算データ、メインバンク、大株主、仕入先、販売先、役員、従業員、代表者ほか、過去10年 間の変遷を一覧表示し、より深く分析できる。
(4)RMスパイラル検索
 仕入先、販売先、関連企業について、企業データ詳細画面に記載されている以外の企業も紐付 けして表示し、周辺企業の分析ができる。

■リスモンの概要(大阪証券取引所ヘラクレス上場 証券コード:3768)
 2000年9月設立。当社は同年12月よりインターネットを活用した与信管理のアウトソース、ASP サービス事業を開始しました。国内最大級の約240万社の企業データベースと倒産企業モデルを 比較分析することにより、6段階で企業の信用力を格付しています。また、その格付を含めた 企業情報の提供や、取引先に信用状況の変化があった場合にメールで通知するサービスの提供 などを行っています。さらに与信管理サービス事業に加えて、BPOサービス及びビジネスポータ ルサービスの3つを中核事業と位置づけ、事業展開しております。リスモングループ法人会員 数は2010年6月末時点で7,103(内、与信管理サービス会員数2,985)。
 リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。