logo

アプライアンス型メールサーバー「Mirapoint Message Server」に大容量ストレージを搭載した新モデル「M7700」を追加

安定性とTCO削減に優れたメール専用機に最大2.3TBのストレージを搭載し、大規模企業におけるメールシステムの社内運用を支援

メッセージングアプライアンスのリーディングベンダーであるミラポイントジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 湯佐 嘉人、以下 ミラポイント)、は、メールサーバーアプライアンスの「Mirapoint Message Server 7シリーズ」(以下 Mirapoint Message Server)の新製品として「Mirapoint Message Server 7700」(以下 M7700)を発表します。

M7700は6コアのインテル Xeonプロセッサーを2基搭載することで、負荷の高いワークロードが求められる大規模企業におけるメール運用の処理能力をさらに向上させ、「Mirapoint Message Server」としてはこれまでで最大の2.3TBの内蔵ストレージを提供します。*
(*) 「Mirapoint Message Server 7000-SAN Edition (S7000)」は1台あたり、最大容量6.5 TBまで拡張可能です


メールシステムの運用負荷と長期的コストの軽減を目的にクラウドサービスなどを利用するユーザーが増加する一方で、大規模企業ではコンプライアンス上、メールシステムを社外に預けることに懸念をいただく傾向も見られます。「Mirapoint Message Server」は、メールに必要なコンポーネントが最適化された状態で1台の筐体に統合されておりチューニングなども必要とせず、メール専用機としての安定稼動と運用管理の容易性がTCO(総所有コスト)の削減を実現できることから、メールシステムの社内運用を持続しながらも管理運用面の課題を解決することができます。


アプライアンスであるM7700は、1台の2Uラックマウント型サーバー上に数千ユーザー規模の企業におけるギガバイトレベルのメールボックスを構築することが可能なため、ソフトウェアでメールサーバーを構築した場合と比較して、サーバーラックのスペースや消費電力、サーバーの冷却に必要なリソースなどを約3-5倍削減します。


「Mirapoint Message Server」シリーズは、従来モデルとして最大450GBのストレージを搭載する「M700」、最大900GBのストレージを搭載する「M7000」、ならびに1台あたり最大6.5TBのSANストレージをサポートし、HAクラスタリング(高可用性冗長化)に対応した「S7000」があり、今回「M7700」を加えて4モデルとなりました。「M7700」は、TB(テラバイト)級の大容量のストレージを必要としつつも、HAクラスタリングは必要としない(障害対策はコールドスタンバイ)お客様に最適なモデルです。また、別製品である「Mirapoint Remote Site Replication」を併用することで、遠隔地におけるディザスターリカバリーも可能で、事業継続計画(BCP)に求められる優れたデーター保護体制を確立できます。


「M7700」は、ミラポイントの認定販売代理店経由で販売し、出荷開始は2010年10月1日を予定しています。


____________________________
■「Mirapoint Message Server 7700」(略称M7700)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
* 「Mirapoint Message Server 7700」 (選択可能なストレージ容量: 1.4TB/2.3TB)
* メール専用にパフォーマンスと信頼性を最適化し、セキュリティホールや既知のハッカー攻撃のない独自OS「MOS」を搭載、汎用OSでは必要となる面倒なパッチ管理の簡素化が可能
* スナップショットテクノロジーにより、システム稼働中のオンラインバックアップイメージの取得やユーザーレベルでのファイルリカバリーが可能です
* 専用のハードディスク(オプション)を追加することで、別途、高価なテープデバイスを調達せずに、1台の筐体でバックアップまで完結することもできます
* 従業員の利便性を高め生産性向上を支援する多機能Webメール「Mirapoint Webmail Corporate Edition」や、カレンダー、スケジュール、アドレス帳などを企業内/グループ内で共有可能な「Mirapoint Webcal Corporate Edition」が搭載され、Webメール用のサーバーを別途調達する必要がありません


____________________________
■ 価格、出荷日など
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇発売開始 : 2010年 10月1日
出荷開始 : 2010年 10月1日


◇販売価格 (税別・メーカ希望価格) :16,460,500円より
※上記ハードウェア価格に、ソフトウェアライセンス、および保守費用が別途必要となります。


◇国内販売代理店は以下URLにてご案内いたしております。
リンク


_____________________
■ ミラポイントジャパン株式会社 について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
リンク
ミラポイントは、企業、サービスプロバイダー、教育機関、および政府機関が利用するセキュアなメッセージング基盤を実現するメッセージングアプライアンスのリーディングベンダーです。日々、世界では1億2000 万以上のミラポイント製メールボックスが稼動しています。ミラポイントは、メールサーバーから、メールセキュリティ、MTA、そしてメールアーカイブまで、統合したメール環境を提供することで集中制御と管理性が高く、TCO(総所有コスト)に優れた"Secure Messaging Infrastructure"(安全なEメール基盤)を実現可能にします。

このプレスリリースの付帯情報

Mirapoint Message Server 7700

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。