logo

アヴァンテは、Evans Dataの2010年度版クラウド調査レポートをリリース

NEW RELEASE! クラウドのトップベンダーはGoogleとIBM

株式会社アヴァンテ(本社:東京都台東区、代表取締役:渡部 哲也、以下アヴァンテ)は、Evans Data Corporation.(米国カリフォルニアに拠点を置くIT調査会社、以下エバンス社)の最新クラウド調査レポートを7月21日にリリースしました。 以下、トッピックス。

エバンスデータ社のクラウド開発調査2010によると、Googleは、パブリッククラウドのセットアップ、インフラとアプリケーションマネジメントのリーダーとして選ばれた。IBMは、プライベートクラウドのトップに選ばれた。40%以上の開発者は、Googleがパブリッククラウドのリーダーと答えた。そして、およそ30%の開発者は、IBMをトップクラウドプロバイダーと答えた。これは、400名を超えるソフトフェア開発者が答えた。
(カリフォルニア 7月21日)

エバンスデータ社のCEOのJanel Garvinは、「クラウドへのアプリケーションの移行が進んで行く先に、多くの開発者が望むハイブリッドクラウドがあります。」と言っている。「GoogleとIBMの両社は、パブリックやプライベートクラウドの必要条件を満たしています。それは、セキュリティと信頼性です。IBM・Googleは、近い将来クラウド界を独占するのではないでしょうか。」と言っている。

開発者は、パブリックとプライベートクラウド間でのアプリケーションの移行や、パブリックからプライベートクラウドへの移行できることが大切だと言っている。

その他のハイライトは:
・80%以上が、クラウドのインフラが成熟すると共に、クラウドプロバイダーが100%の上位互換性を提供することが大切であると感じている
・60%は、クラウドの移行に関しては、国や地域の規制が課題と感じている
・データ暗号化の強化は、パブリッククラウドのセキュリティの向上のために望まれている

<アヴァンテ社の説明>
2004年の設立当初から、マーケティングや技術動向のデータをITコンサルティングに活かすコンサルティングファーム。 調査データを利用し、ベテランPM・SE・PGが「今のIT開発」をレビューするアドバイザリーサービス:「ITセカンドオピニオン」を展開中。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社アヴァンテ 
エバンス担当宛て
101-0031
東京都千代田区東神田1-7-2弥助第三ビル4階
TEL:03-5835-4650
FAX:03-3865-1678
info@aventer.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。