logo

シーメンスPLMソフトウェア、大幅な製品開発期間の短縮と 品質の向上を実現する新しい機械設計ソリューションを発表

~顧客の要件をコンカレント設計や画期的なシミュレーション技術と結びつけ、 工作機械や製造機械メーカーを支援するMechatronics Concept Designer~

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて
世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、
工作機械や製造機械メーカーを支援する新しい統合機械設計ソリューション、
Mechatronics Concept Designer(TM)を発表しました。
Mechatronics Concept Designerは、機械設計に新しいシステム・
エンジニアリング手法を採り入れています。「顧客の声」を設計に取り込み、
その要件を管理し、ますます複雑化する今日の工作機械分野における
複雑な機械設計、電気設計、自動化ソフトウェア設計とシミュレーションを
同時に実行することができます。さらに、画期的な「ビデオゲーム」技術に
基づく、容易でインタラクティブなシミュレーション機能も搭載されているため、
世界中の産業機械メーカーは大幅な製品開発期間の短縮と品質向上を
実現することができます。

Mechatronics Concept Designerは、米国シカゴで開催のInternational
Manufacturing Technology Show(IMTS)で発表されました。
Mechatronics Concept Designerは、シーメンスPLMソフトウェアの
旗艦CADシステムであるNX(TM)ソフトウェアをベースとしており、
Teamcenter(R)と連携して稼働します。シーメンスPLMソフトウェアは、
この他にも、同社のデジタル・マニュファクチャリング・ソフトウェア
Tecnomatix(R)に含まれる機械シミュレーション・ツールキットの
Virtual Machineをはじめ、産業機械分野に向けたいくつものソリューションを
IMTSで紹介しました。Virtual Machineは、工作機械のバーチャル・モデルを
ソフトウェア上で作成できるため、顧客の実際の製造現場における
機械設計の生産性を最大限に向上します。

「シーメンスPLMソフトウェアのMechatronics Concept Designerは、
機械設計プロセスの最初から最後まで、開発チーム全体の効果的な
コラボレーションを実現します。これにより、コスト高につながる製造上の
問題や顧客の要件に関するトラブルが発生する前に問題を早期発見し、
容易に解決できるようになります。さらに、顧客の要件を取り込む機能や、
卓越した物理シミュレーション機能が用意されているため、顧客の
期待を超える高品質な機械設計を自信を持って遂行することができます。
これは、当社の大きな競争力強化につながっています」と、
MAG Industrial Automation Systems社のMAGスイス法人
マネージング・ディレクタのDr.-Ing. Siegfried Schmalzried氏は述べています。

エンド・ツー・エンドの統合システム・エンジニアリング手法
個々の顧客の特別なニーズに応える複雑な工作機械を開発するには、
そのプロセスを通して、機械設計、電気設計、ソフトウェア設計などの
さまざまな分野の専門チームが連携する必要があります。また、
従来のソフトウェア・ツールでは、顧客の要件を設計に取り込むことはできず、
「共通言語」もないために、これらの専門設計チームが開発プロセスの
最後まで互いに連携することができず、設計変更が生じるたびに時間と
コストを無駄に消費しています。このようにそれぞれの設計チームが
別々の設計アプリケーションを使用し、その上、機械の複雑性が加われば、
さまざまな設計コンセプトをシミュレートして検証することはほぼ不可能であり、
製品開発プロセスを通して迅速かつ効果的に意思決定することはできません。

シーメンスPLMソフトウェアのMechatronics Concept Designerは、
機械設計、電気設計、ソフトウェア/自動化設計の各設計チームが
同時並行でそれぞれの作業を遂行することができます。この新しい
ソリューションには、NXの強力な機械設計機能がすべて搭載されており、
センサーやアクチュエーターなどのリストを作成し、容易な選択と配置を
可能にするだけでなく、電気設計チームが配線図を作成するための
基盤を構築することができます。さらに、産業機械業界共通の
標準フォーマットで機械の動作シーケンスを作成する機能を使って、
より効率的なソフトウェアの開発も可能します。

Mechatronics Concept Designerは、世界で最も広く利用されている
PLMシステムTeamcenterと連動して使用することにより、統合システム・
エンジニアリング手法によるエンド・ツー・エンドの機械設計ソリューションを
提供します。開発サイクルの最初の段階からTeamcenterの要件管理機能や
システム・エンジニアリング機能を使用することで、顧客の要件を設計に
確実に取り込んだ機能的モデルが構築できます。

「工作機械メーカーは、コンセプト設計から詳細設計までの開発手法を
改善していかなければなりません。特に設計プロセスの初期に製品の
コンセプト設計を容易にし、かつ設計の進行に伴って機能的要件を
追跡できる開発手法は、製品の市場投入期間の短縮や顧客の期待に
沿う製品の完成に欠かせません」と、ARC Advisory Groupのリサーチ・
ディレクターであるSal Spada氏は指摘しています。

画期的なシミュレーションを可能にするビデオゲーム技術
Mechatronics Concept Designerには、NVIDIA(R)のPhysX(R)テクノロジを
ベースとした最先端のモデリングとシミュレーションの機能が
搭載されています。NVIDIAのPhysX SDK(ソフトウェア開発キット)を
使用して開発したこの物理エンジンは、今日の数多くの最新
ビデオゲームに使用されているソフトウェア・テクノロジに類似しています。
この画期的なシミュレーション手法により、さまざまな設計コンセプト案を
容易に作成しインタラクティブに検証することができます。さらに、
シミュレーションを実行しているときに機械のデジタル・モデルを
直接操作できるため、さまざまに操作して、その効果をリアルタイムで
検証することできます。単純化した数学モデルに基づいたバーチャルな
世界でリアルな世界の物理的挙動をシミュレートして、設計コンセプトを
早期に検証すれば、無駄なコストがかかる前にミスを検出して
解決することができます。

「シーメンスPLMソフトウェアは、お客様の特別なニーズにフォーカスし、
そのニーズを満たすユニークなソリューションを開発して、お客様に
大きな価値を提供できるよう、絶えず取り組んでいます。
Mechatronics Concept Designerは、まさにこのニーズにフォーカスし、
それを満たす取り組みの成果であり、NXとTeamcenterを統合した
ことによって、業界で最も完成度の高い機械設計ソリューションが
誕生しました。バーチャルな環境で作成したコンセプト設計を
シミュレートして検証できる機能を提供して、お客様の迅速な製品設計を
支援するだけでなく、より大きな確信を持って高品質な設計ができるよう
支援しています」と、シーメンスPLMソフトウェアの製品設計ソリューション
担当バイスプレジデントのJoan Hirschは述べています。

IMTSで紹介するシーメンスPLMソフトウェアのソリューション
シーメンスPLMソフトウェアは、IMTS期間中、E-4040ブースで
Mechatronics Concept Designerのデモンストレーションを行いました。
その他、IMTSでは、前述のTecnomatix Virtual Machineをはじめ、
製造業の生産性を最大化するいくつもの最新ソリューションを
紹介しました。

Mechatronics Concept Designerに関する詳細は、こちらにてご覧いただけます。
リンク

NX、Teamcenter、およびTecnomatixの詳細は下記よりご覧いただけます。
・NX
リンク
・Teamcenter
リンク
・Tecnomatix
リンク


シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部の
ビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。
これまで世界6万3,000社のお客さまにサービスを提供し、
約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。
米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、
豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを
提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は
www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの
分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、
自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、
全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は
多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指の
ソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、
各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を
最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で
約39,000人の従業員を擁し(2009年9月30日現在)、2009年度の
総売上高は70億ユーロを達成しています。詳細は
www.siemens.com/industryautomationをご覧ください。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。
Mechatronics Concept Designer、NX、Teamcenter、およびTecnomatixは、
米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle
Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。
NVIDIAおよびPhysXは、NVIDIA Corporationの商標または登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。