logo

電力網規模のエネルギー貯蔵市場は2020年に350億ドルに

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査 - Energy Storage on the Grid
」のプレスリリースにおいて、電力網規模のエネルギー貯蔵市場は2010-2020年に15億ドルから353億ドルに成長するだろうとの予測結果を発表しました。

今後、電力網における据え置き型エネルギー貯蔵セクターの重要性がますます高まるだろう。風力や太陽光発電などのエネルギー源による再生可能エネルギーの増加、電力会社などのスマートグリッドへの取りくみの拡大、プラグインハイブリッド自動車や電気自動車などの導入などの、いくつかの主要な動向によって、需要は高まリ続けている。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査:電力会社規模の長期型蓄電システム - 圧縮空気、揚水発電、NAS電池、フロー電池、リチウムイオン電池 - Energy Storage on the Grid:Long Duration Energy Storage Systems: Compressed Air, Pumped Hydro, NAS Batteries, Flow Batteries, and Lithium Ion Batteries for Utility-Scale Storage」は、世界で導入されているシステムの収益は今後10年間大きな成長を続け、2010-2020年に15億ドルから353億ドルに成長するだろうと報告している。


「電力網のエネルギー貯蔵には、いくつもの需要がある。今日、エネルギー貯蔵は、負荷追従特性、再生可能エネルギーの統合、再生可能エネルギーのタイムシフトなどに活用されている。今後も電力会社にとっては、送電・配電の設備のアップグレード延期、商用・工業用の使用時間によるコスト管理、従来型エネルギーのタイムシフトなど、電力網におけるエネルギー貯蔵の用途は拡大するだろう」とパイクリサーチ社のシニアアナリストDavid Link氏は語る。


また、長時間のエネルギー貯蔵の需要に対応する技術もいくつか登場している。従来型として揚水発電、圧縮空気、NAS(ナトリウム硫黄)電池などがあり、いまだ揺籃期にある新しい技術としてフロー電池、リチウムイオン電池などがある。このほかにも様々な技術があるが、最も大きく成長するのは圧縮空気、リチウムイオン電池、フロー電池だろうとパイクリサーチ社は予測している。


この調査レポートは、2020年までのエネルギー貯蔵を促進する用途と、実現する技術について詳細に分析している。急拡大するエネルギー貯蔵市場におけるビジネスモデル、政策、法規制、技術、経済的な要因を記載し、主要な30社の企業のプロフィールとSWOT分析、2010-2020年の世界の地域毎、技術毎の市場予測も行っている。


【調査レポート】
電力網におけるエネルギー貯蔵市場調査:電力会社規模の長期蓄電システム - 圧縮空気、揚水発電、NAS電池、フロー電池、リチウムイオン電池
Energy Storage on the Grid
Long Duration Energy Storage Systems: Compressed Air, Pumped Hydro, NAS Batteries, Flow Batteries, and Lithium Ion Batteries for Utility-Scale Storage
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。