logo

「靴下屋」などを展開するタビオ、WEBサイトを全面リニューアル ~業界初、靴下のムービーカタログを制作~

タビオ株式会社 2010年09月15日 11時54分
From PR TIMES

「靴下屋」「タビオ オム」「ショセット」「マイティソクサー」を展開するタビオ株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:越智勝寛)は、9月15日に自社のWEBサイト及び自社ECサイト「Tabioオンラインストア」(www.tabio.com)を全面リニューアルいたしました。



 パリコレなど世界的なコレクションでも著名ファッションデザイナーたちに起用された例に見られるように、靴下はレッグファッションアイテムとして注目されてきており、昨今のファッション業界において、レッグファッションの位置付けは重要視されています。このような背景から、タビオでは世界視野でレッグファッションを牽引していくブランド戦略に力を入れてきました。
 この度、マーケティング戦略において重要視されているWEB展開において、“世界一素敵な足元コーディネート”の提案を通じレッグファッション業界を牽引すべく、自社のWEBサイト及び自社ECサイト「Tabioオンラインストア」(www.tabio.com)を全面的にリニューアルいたしました。


 新しい「Tabioオンラインストア」では秋冬に1,000点を超える圧倒的な数のスタイリングを提案しています。また、世界に向けて発信するために日本語だけではなく英語やフランス語にも対応しています。さらに、業界では初めて靴下のムービーカタログ「Tabio Slide Show」を制作し、「Tabioオンラインストア」(www.tabio.com)上での配信はもちろん、iPad向けのアプリケーションとしても配信を予定しております。
 また、お客さまが「Tabioオンラインストア」で購入した靴下の履き心地に納得できなかった場合に、手数料や送料は一切無料で返品を受け付ける「履いても返品無料サービス」を開始します。日本の職人の厳しい目と確かな腕で作られる“Made in Japan”の「履き心地」に、絶対の自信を持つタビオだからこそできるサービスです。


■リニューアルのポイント
1.秋冬に1,000点を超える圧倒的な数のスタイリング
 これまでは商品そのものの画像だけをサイト上に掲載し、通販展開しておりましたが、今回のリニューアルでは、すべての商品を人の足に履かせた状態のスタイリングを掲載しております。靴下を履いた時のイメージがより具体的に想像できるよう、商品ごとに、撮影方法、モデル、および、コーディネートも刷新し、1,000を超える足元スタイリングを提案する提案型のECサイトとして生まれ変わりました。老若男女そして、国境を問わず、すべての方々に、足元のスタイリングをご提案していきたいと考えています。


2.業界初!靴下のムービーカタログを制作、配信
 幼い頃、靴下を履いて家の廊下を滑って遊んだ経験は誰しもあるでしょう。今回のムービーカタログ「Tabio Slide Show」は、「靴下×楽しい思い出=滑る=スライド」と、iPadの画面を指でタッチして「ページをめくる=スライド」を掛け合わせた、業界初の新しい感覚のムービーカタログです。時折、ムービーの中に現れる靴下の商品紹介=カタログを、ユーザーみずからが指で「スライド」させることで物語を進めていきます。
 「Tabio Slide Show」は、「Tabioオンラインストア」(www.tabio.com)上で配信するほか、iPad向けのアプリケーションとしても無料で配信予定です。後には、タビオが展開する「靴下屋」などの店舗にiPadを設置し、店頭でもムービーカタログをご覧いただけるようにする予定です。


3.履いても返品無料サービス
 タビオでは、日本の職人の厳しい目と確かな腕によって1つ1つの靴下を丁寧に作りあげており、商品の品質=「履き心地」には絶対の自信と誇りをもったものづくりをしています。一方で、Tabioオンラインストア上での買い物は、商品を手に取ることができないため、タビオのものづくりにおいて最も重要視している「履き心地」を確かめることができません。したがって“Made in Japan”の靴下の「履き心地」に絶対の自信を持つタビオでは、「Tabioオンラインストア」(www.tabio.com)で商品を購入したお客さまが、商品の履き心地に納得できなかった場合には、送料や手数料などは一切いただかず無料で返品に応じます。


4.「送料無料キャンペーン」実施
 ECサイト全面リニューアルを記念して、Tabioオンラインストア上でご購入された方に限り、「送料無料キャンペーン」を実施いたします。こちらのキャンペーンでは購入代金に関わらず、送料を無料でお客様のもとへお届けするため、お気軽に1足から靴下をご購入いただけます。


5.アイテムカテゴリーの新設
 今回、主力商品の靴下に加えて、タイツ(リンク)やストッキング(リンク)、レギンス(リンク)などアイテム専門カテゴリーを新設いたしました。レディース、メンズ、キッズの各商品を総合的に束ねたカテゴリーとなっており、いろいろな方にお買い物を楽しんでいただけるようになっております。


6.一流の制作スタッフを起用
 今回の自社WEBサイトリニューアルにあたり、新進のWEBクリエイター・田中耕一郎氏を迎え、そして、「Tabio Slide Show」の制作において、2010 MTV VMAJ BEST DIRCTORなど数々の受賞歴を持つ映像ディレクターの児玉裕一氏、および、タレント・アーティストのスタイリングを多く手がけ、ファッション誌でも活躍しているスタイリストの伊賀大介氏を迎えました。BGMにはインディーズで活躍中のアーティスト「Gutevolk(グーテフォルク)」の楽曲「picnic」を起用しています。
 


■スタッフ プロフィール

田中 耕一郎/ クリエイティブディレクター
1973年奈良県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。広告制作会社TYOを経て、2004年にProjectorを設立。ウェブメディアを軸にしたクリエイティブディレクター。Projectorは設立5年で、カンヌ国際広告祭や東京インタラクティブ・アド・アワードなど、国内外で70を越える賞を獲得している。

児玉裕一
1975年生まれ。東北大学理学部化学系卒業。大学在学時より仙台にて映像制作 の活動を開始。卒業後、広告代理店勤務を経て独立。以後CM、MVなどの演出を手掛ける。2006年よりCAVIAR所属。賞歴として、Cannes Lions、CLIO Awards、One Show Interactive、
NY Festival、NY ADC、D&AD、TIAA、SSTV、MTV Japanなど。

伊賀大介 / スタイリスト
1996年に熊谷隆志に弟子入り。1999年に独立しスタイリストになる。ファッション雑誌、多くのミュージシャン、俳優や映画、舞台などのスタイリング、また本や映画に関するコラムを執筆するなど幅広い活動をしている。



■タビオ株式会社
 タビオ株式会社は1968 年創業し、42 年の歳月の中で、「靴下を履いていることを忘れてしまうようなフィット感」を追求してまいりました。現在では「靴下屋」「タビオ オム」「ショセット」「マイティソクサー」の靴下専門店ブランドを日本全国に262店舗(8月末現在)展開し、「 Tabio 」という店舗をロンドンに8 店舗展開、2009 年6 月18 日にはパリ1 号店をオープンしました。

■ 会社概要
社名       : タビオ株式会社 (大証第二部 証券コード : 2668)
代表取締役社長 : 越智 勝寛
創業       : 1968 年3 月 (設立 1977 年3 月)
本社       : 〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークス内パークスタワー16F
東京支店    : 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町2-9 第1 カスヤビル5F
事業内容    : 靴下の企画・製造・卸・小売
          直営店 靴下屋・タビオ オム・ショセット・マイティソクサーの展開
          フランチャイズ・チェーン 靴下屋・マイティソクサーの展開
ホームページ   : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。