logo

(株)理経、Microsoft SharePointとOffice Communications Server対応プラグインを新たに搭載したアクセリオン社セキュアファイル転送ソリューションの販売を開始

株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青柳 勝栄)は、当社が代理店を務めるアクセリオン社(Accellion, Inc.、本社:米国カリフォルニア州、社長兼 CEO:ヨルゲン・エドホルム)のセキュアファイル転送ソリューションが、マイクロソフト社の Microsoft Business Productivity Infrastructure(BPI)および Business Productivity Online Suite(BPOS)に対応したことを発表いたします。これにより、Microsoft SharePoint、Office Communications Server(OCS)および Outlook ユーザーが簡単かつ安全に情報を共有することを可能にします。

アクセリオン社のセキュアファイル転送ソリューションは、企業や公的機関に、20GBまでの大容量ファイルを安全に転送できる機能を提供します。暗号化とビジネスレベルの認証によって高いセキュリティを保ち、機密情報が流出するのを防ぎます。アクセリオンのソリューションは、コンプライアンスに必須の監査証跡も提供できます。また、オンプレミス(ソフトウェアの社内運用)でもオフプレミス(社外運用)にも設置可能で、クラウドや仮想環境でもシームレスに統合できます。


今回のプラグインにより、アクセリオン社のセキュアファイル転送ソリューションを Microsoft Outlook 2010、Microsoft SharePoint 2010 および Microsoft Office Communications Server 2007 R2(OCS)に対応させることができ、既存のファイル転送機能に加えて、シームレスで安全なファイル転送機能を付加することで、上記マイクロソフト製品の企業ユーザーは同僚や顧客、関係者に対し、マイクロソフトのビジネスアプリケーションから直接、安全にファイルを送ることが可能になります。これにより、コミュニケーションおよびコラボレーションが強化され、円滑なビジネス環境を構築します。
操作についても、Outlookでのファイル添付や、SharePointまたはOCSでプルダウンメニューを使ってファイル転送をしたことがあれば、誰でも簡単にアクセリオンのセキュアファイル転送機能を利用することができ、高度なセキュリティとコンプライアンスを達成することができます。


アクセリオン社の社長兼 CEO であるヨルゲン・エドホルムは、「ビジネスにとって、情報に対し迅速にアクセスすることは非常に重要です。しかしその一方で、個人情報や機密情報が漏洩することを防がなければなりません。アクセリオンのセキュアファイル転送ソリューションとマイクロソフト BPI の統合により、企業ユーザーは重要な情報を守り、法令を遵守しながら、簡便に情報にアクセスをすることが可能で、安全に情報を共有することができます。」と述べています。


また、ガートナー社(Gartner, Inc.、米国コネチカット州に本社を置くIT分野の調査・助言を行う企業)のシニアリサーチアナリストである Thomas Skybakmoen も「デスクトップアプリケーションに安全なファイル転送機能を付加できれば、ユーザーの利便性を犠牲にせずに、セキュリティレベルを引き上げ、情報漏えいを防ぐことができます。安全なファイル転送がより使いやすく便利になれば、ビジネス効率もあがり、またファイル転送向けの市場も今後伸びていくでしょう。」と話しています。



■アクセリオン社(Accellion, Inc.)について
アクセリオン社は米国カリフォルニア州のパロアルトに本社を置き、オーストリア、シンガポールに拠点を置くグルーバル企業で、大容量ファイル転送ソリューションのパイオニアです。顧客企業は、メディア・広告、法律事務所、製造、ヘルスケア、一般消費財、大学などの様々な分野に広がっています。アクセリオン社製品を使用することで、企業の FTP サーバーを不要とし、エンドユーザとIT管理者の両方にとって使い易い企業向けファイル転送ソリューションを提供しています。URLリンク
理経は、同社の国内代理店として、2009年から大容量ファイル転送システム「Accellion」を販売しています。


※記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。




【お問い合わせ先】
株式会社理経について
URL:リンク
製品掲載ページ:リンク



本件について:企画開発部 青島
TEL:03-3345-2184(ダイヤルイン)
E-mail:aoshima@rikei.co.jp



営業全般について:企画開発部 内山
TEL:03-3345-2184(ダイヤルイン)
E-mail:uchiyama@rikei.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。