logo

Famiポートを活用したクーポン券サービス「Famiポート クーポン」開始

 伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)と、株式会社ファミマ・ドット・コム(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:浦元康彦、以下「ファミマ・ドット・コム」)は、株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:上田準二、以下「ファミリーマート」)の協力の下、ファミリーマート店頭のマルチメディア端末「Famiポート」を活用した、店頭取扱商品の引換/割引クーポン発券サービス「Famiポート クーポン」(以下「本サービス」)を全国約7,900店舗のファミリーマートにて開始します。




 国内広告費は縮小傾向にある一方で、インターネットや携帯電話を活用した広告の浸透等により、広告媒体や宣伝方法は多様化しています。その中で、クーポンを活用した広告事業は、インターネットとリアル(商品や店舗)の融合の実現や、広告宣伝費の費用対効果検証の容易性、グルーポン系サービス(※)の拡大などにより、今後も更なる成長が見込まれている有望な分野です。

 本サービスにより、キャンペーン主催者は、キャンペーンにおける商品交換手段として、ファミリーマート店頭商品を活用することが可能になります。キャンペーン対象のお客様が、伊藤忠商事とファミマ・ドット・コムの発行したIDをファミリーマート店頭のFamiポートに入力することによってクーポンを受領し、店頭商品との交換や値引きサービスを受けることができます。

 伊藤忠商事とファミマ・ドット・コムは、ファミリーマートの店頭キャンペーンに加え、他社のキャンペーンにおいても、商品交換手段として本サービスの利用を促進します。メーカーや広告代理店、サンプルサービス提供会社などと提携し、今年度中に月間50万枚のFamiポートクーポンの発券を目指すとともに、今後もファミリーマート店舗の利便性向上につながるサービスや事業を推進します。

 (※) グルーポン系サービス
 割引率の大きなクーポンを、最低購入数や時間を限定して販売する。グループとクーポンを合わせた造語。
                   
【Famiポート クーポンの利用例】
1. キャンペーン主催者がクーポン発行対象者(以下:対象者)に対し、電子メールなどを通じて対象商品交換用のIDを配布。
2. 対象者が、お近くのファミリーマート店舗にて対象商品の有無を確認の上で、Famiポートの案内に従って入手したIDを入力。
3. 発行されたクーポンを対象商品と一緒にレジカウンターに持ち込み、商品と交換。

【各社の役割】
伊藤忠商事 : 本サービスの事業主体。サービス企画・運営、営業管理を担当。
ファミマ・ドット・コム : 本サービスの「Famiポート」における運用、営業活動を担当。
ファミリーマート : 本サービスの店舗における運用管理、営業活動を担当。
                                                                                     以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。