logo

米国消費者のデジタルコンテンツの購入

デジタルコンテンツの購入、視聴、管理に関する調査

家電業界は、インターネットの接続などの新しい機能を生み出すことで進化を続け、新しいサービスやビジネスモデルによるビジネスチャンスを拡大している。変化する消費者の期待に応えるべく、発展を続けなければならない。この調査レポートは、この変化を理解するために、過去3年間に行った米国調査会社ABIリサーチの調査による論議を行っている。オンラインメディア消費への関心が高まっており、有料テレビオペレータが加入者数への影響を感じていない間にも、幾つかの指標はすでに競争の可能性を示唆している。従来の有料サービスからの大規模な移行という脅威がまだ始まっていないものの、13%の消費者は有料テレビサービスをやめてOTA放送やオンライメディアにしてもいいと考えているようだ。若い層は年配層よりもずっとデジタルメディアを購入したいと考えている。インターネットからテレビにコンテンツを移動するデバイスとして最も求められているのはコンピュータであるものの、インターネット接続テレビへの関心は非常に高い。


【調査レポート】
米国消費者のデジタルコンテンツの購入、視聴、管理に関する調査
How Consumers Buy, Consume, and Manage Digital Content
US Survey Results
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。