logo

~ 3歳から始められる英語学習システムを搭載した知育ソフトを開発 ~ ムーンシュート、ビーナ専用絵本ソフト「MEET BUB バブとえいごたんけん」を 10月21日(木)より全国の販売店で販売開始!

Moonshoot Inc. 2010年09月06日 13時00分
From DreamNews

英語を第一言語としない世界中の幼小児(4歳~12歳)を対象とし、英語学習環境の研究とソリューション「天空の魔法ガーデン」の企画、開発、販売を展開するムーンシュートは、株式会社セガトイズの知育玩具ビーナのソフトとして、幼児の英語学習に特化したビーナ専用絵本ソフト「MEET BUB バブとえいごたんけん」を2010年10月21日(木)より全国の販売店で販売開始することを発表します。
英語を第一言語としない世界中の幼小児(4歳~12歳)を対象とし、英語学習環境の研究とソリューション「天空の魔法ガーデン」の企画、開発、販売を展開するムーンシュート(本社:California,USA/日本支店:東京都渋谷区)は、株式会社セガトイズの知育玩具ビーナのソフトとして、幼児の英語学習に特化したビーナ専用絵本ソフト「MEET BUB バブとえいごたんけん」を2010年10月21日(木)より全国の販売店で販売開始することを発表します。



「MEET BUB バブとえいごたんけん」は、幼児に優しいタッチペンやボタンでの操作を用い、9種の英語ゲームをクイズ方式で展開。88の英単語には名詞のみならず形容詞と動詞を組み入れることで、複数の組み合わせによる習得単語数の幅を広げる学習内容となります。メインキャラクター「クマのバブ」と一緒に空・海・お城へ大冒険していく中で、「空の仲間」「海の仲間」「おばけたち」など様々なキャラクターと遭遇。幼児が好む世界観あるストーリ展開で、「めいろでたんけん!」や「ふうせんをジャンプ!」などの英語ゲームや、タッチペン操作でネイティブイングリッシュを聴くなど、体験型で冒険を進めることが特徴。楽しく遊びながら、ストレス無く英語に触れることができる内容となり、3歳児より始められる英語学習知育玩具として展開していきます。



ムーンシュートは、パソコン操作を通じインターネット環境で提供する子供(4歳~12歳)の英語学習システム「天空の魔法ガーデン」(リンク)をサービス中。本作は幼児が一人でも取り組める環境を設置するため、タッチペンやボタンでの操作を軸とするセガトイズのビーナをハードとして採用。インターネット英語学習の第一段階と位置づける幼児英語学習ソリューションとして提供していきます。
<販売概要>

◆商品名/MEET BUB バブとえんごたんけん

◆発売日/2010年10月21日(木)

◆商品価格/4,095円(税抜き3,900円)

◆対象年齢/3歳~6歳

◆商品サイズ/幅167高191奥行15

◆素材/◎絵本ソフト:ABS,PP,PBT ◎ケース:PP

◆発売元/ムーンシュート(Moonshoot Inc)

◆販売元/株式会社セガトイズ

◆販売先/全国有名百貨店、各種量販店、各種家電量販店、玩具専門店など

ムーンシュートWEBサイト(リンク



◆ビーナについて

株式会社セガトイズが販売する『Beena (ビーナ)』は、数多くの人気キャラクターをパートナーに、ゲームを通して遊びながら学べる知育玩具です。専門家の監修のもと、さまざまな研究を経て開発されており、3歳のお子さまでも無理なく楽しめる簡単操作や、テレビに接続して楽しめる様々なイベントがあります。お子さまの好奇心を最大限に刺激して、「やりたい」「できる」という意欲をはぐくむことができます。また、発売から現在までにシリーズ累計約410万台以上を販売。さまざまなラインナップがそろうソフトも約2,000万本以上の売り上げを記録しています。



◆ムーンシュート 組織概要

<米国本社>

●商   号:ムーンシュート (リンク

●代 表 者:代表取締役社長 加藤幸二

●所在地:2225 East Bayshore Road, Suite 213 Palo Alto, CA 94303 USA

<日本支店>

●支店所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-20-4-8F



代表取締役社長・共同創設者(CEO/CTO)

●加藤 幸二

Moonshoot Inc. 代表取締役・CEO・CTO。

東京大学卒、川崎重工業を経てマイクロソフトに入社。MS-Office、タブレットPC、Live等を開発。



会長(Executive Chairman)

●Thomas Kalinske

世界的マーケッター、セガ・オブ・アメリカ、米国玩具最大手Mattel、教育玩具最大手LeapFrogにてCEO・代表取締役を歴任、米国最大教育投資機関であるナレッジ・ユニバースを創設。



取締役(CMO)

●豊田 信夫

慶應義塾大卒、三菱商事を経て、セガ入社、セガ・オブアメリカ取締役執行副社長、「ソニック」ブランドの立役者。



取締役(Officer)

●櫻井 大三郎

ニューヨーク大卒、サンリオ常務取締役、米国サンリオ社長歴任後、セガ専務、セガトイズ専務。世界のTVゲーム、玩具業界における普及と繁栄に努める。



取締役・共同創設者(COO)

●Jay Jamison

Moonshoot Inc. COO。

ウォートンスクールMBA、マイクロソフト日本でWindowsを統括。



教育責任者(Education Officer)

●Rob Calfee

スタンフォード大学教育・心理学名誉教授、およびカリフォルニア大学教育学特別名誉教授。前LeapFrog Advisory Board議長。



◆子供用インターネット英語学習システム「天空の魔法ガーデン」共同開発企業の紹介



<株式会社セガトイズ>

「遊びながら学ぶ」をコンセプトにしたピコ/ビーナや、世界的大ヒットとなっている「爆丸」などを開発販売している玩具メーカー。2010年10月21日に発売するビーナ専用絵本ソフト「MEET BUB バブとえいごたんけん」の販売元。



<ETS(Educational Testing Service)>

TOEICや、TOEFLなどを主催する、アメリカ合衆国の非営利団体。各種の能力検定テストを行うことを主たる業務としている。TOEFLやTOEIC、SAT、GMATといった幅広いテストサービスを提供しており、ほとんどの米国の大学・大学院がその入学の基準としてETSのサービスを用いている。TOEFL、TOEIC等の豊富なデータを提供し、『天空の魔法ガーデン』開発に貢献。



<株式会社AQインタラクティブ>

「ブルードラゴンプラス」で著名な、家庭用ゲームソフトの企画・開発会社。国内外の大手パブリッシャーからの技術的信頼も高く、ビックタイトルも含めた各種家庭用ゲーム機向けソフトの開発を受託している。ゲーム開発のノウハウを活かして「天空の魔法ガーデン」開発に協力。



<株式会社 リトル・ママ>

首都圏を拠点に小さい子供をもつママのためのコミュニティサイトの展開し、2200以上の育児サークルと取材活動等を通してリアルな関係を構築している。実際子育てのプロであるママが、「天空の魔法ガーデン」の開発に協力。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。