logo

住宅に関する資金相談のシミュレーションツール「ハイアーFP」の新メニューを10月より提供

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社 2010年09月03日 18時08分
From PR TIMES

住宅に関する資金相談のコミュニケーション&シミュレーションツール
「ハイアーFP」の新メニューを10月より提供
住宅エコポイントの期限延長、先行き不透明な経済情勢に対応



ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:港区白金台 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、住宅に関する資金相談のコミュニケーション&シミュレーションツール「ハイアーFP」の新メニューの提供を10月より開始いたします。今回追加する新メニューは、長期優良住宅・一般住宅コスト比較シミュレーション「『長期優良住宅』と『その他の住宅』のコスト比較」と、物件仕入れシミュレーション「マイホームの買換え時期は今すぐ?それとも将来?」の2つです。

長期優良住宅・一般住宅コスト比較シミュレーション「『長期優良住宅』と『その他の住宅』のコスト比較」は、建築費用と光熱費やローン金利などのランニングコストを含めた場合の長期優良住宅と一般住宅におけるコスト比較を行うものです。政府が住宅エコポイントの期限を今年の12月以降に延期することを決めるなど、今後もエコ住宅への注目が高まることが予想される中、住宅購入を予定するお客様からの質問に即座に対応することを可能にするツールです。
物件仕入れシミュレーション「マイホームの買換え時期は今すぐ?それとも将来?」は、土地・住宅の売り手に対し、今売るべきか、将来売るべきかを示す数字データの算出を可能にするツールです。不動産業界では仕入れは非常に重要な要素となっており、経済情勢の先行きが見えにくい今、仕入れの1つの指標を示すものとなっています。

リライフクラブ(*)会員企業が使用している「ハイアーFP」に今回2つの新メニューを追加することにより、お客様にとって住宅の購入から売りに出すまでの相談窓口が一本化され、会員企業は生涯に渡る住宅不動産のアドバイザーとなり、お客様が住宅不動産の資産価値化をより図れるようになります。

ハイアス・アンド・カンパニー株式会社では、今後もお客様の抱える問題を解決するメニューを引き続き開発してまいります。

*「リライフクラブ」は「ファイナンシャルプランニング(FP)」の手法を活用し、お客様の不安を「見える化」して最適な住宅購入のお手伝いを行う、全国約150社(2010年8月時点)からなる住宅・不動産会社のネットワークです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。