logo

トランスコスモスの中国コールセンター子会社、中国最大手EC企業タオバオ(淘宝)との相互連携CRMシステムを開発~タオバオ出店希望企業向けにタオバオでのEC運営に必要なシステムをワンストップで提供~

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、以下、トランスコスモス)の100%子会社で、中国でコールセンター事業を展開する上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司(本社:中国上海市、総経理:久保雄一朗、以下、トランスコスモスCC China)は、中国最大手EC企業であるタオバオ(中国語表記:淘宝、URL:リンク、以下、タオバオ)への進出、運用に特化した独自開発のCRMシステム「transCRM」(トランスシーアールエム)の提供を本日より正式に開始します。



中国のEC市場規模は2009年に約3.4兆円(約2,484億人民元、対昨年比193.7%の成長)となり、2013年には約13.6兆円(約1兆人民元)まで成長すると推測されています。このうちタオバオは約80%のシェア、ユーザー約2億人を抱えており、大手企業も多数出店しています。(出典:iResearch China Online Shopping Research Report 2009-2010)

今回、トランスコスモスCC Chinaが独自に開発した「transCRM」は、通常のコールセンターマネジメント機能に、1.「タオバオ側システムとの顧客対応情報・受注情報などの相互連携機能」、2.「倉庫側システムとタオバオ側システムとの在庫・出荷・返品情報などの相互連携機能」の2つの機能を新たに追加したものです。これによりタオバオでの取引に必要となるあらゆるシステムとコールセンターをワンストップで提供することができるため、注文情報と顧客の声(VOC)を一元管理することも可能になります。

タオバオ側システムとの連携機能では、タオバオの標準チャットツール「アリワンワン」を通じた顧客からの問い合わせと連動して顧客の情報や購買履歴を表示する機能を備え、スムーズな顧客対応を実現しています。タオバオユーザーの多くは、店舗への問い合わせに「アリワンワン」を利用(全体問い合わせの90%超、トランスコスモスの実績より算出)しており、「アリワンワン」を通じたリアルタイムでの問い合わせ対応は、タオバオユーザーの購買意思決定において非常に重要な要素となっています。

すでに多数の大手企業向けに提供している顧客サポートのコンタクトセンター業務、Webサイトコンテンツ更新管理業務などに加え、中国語による自社オリジナルWebサイトを開設して中国国内でのブランド力を高めたい企業には、タオバオ内店舗と連動したオリジナルWebサイトの構築や、同サイトのプロモーションサービスも提供します。

「transCRM」の主な機能は以下のとおりです。
●コールセンターマネジメント機能(顧客管理、商品管理、対応履歴管理など)
●タオバオ側システムとの顧客、受注情報の連携
●チャットツール「アリワンワン」との顧客、受注情報の連携
●タオバオ並びに倉庫側システムとの在庫データ、配送状況、返品、交換情報の連携
●既存顧客へのeDM(メルマガ)配信、配信管理機能
●上記関連レポート機能並びに購買データ分析機能(RFM分析など)

トランスコスモスCC Chinaは2006年4月の設立以来、急拡大する中国EC市場に参入する企業に対して、顧客サポートなどのコールセンターサービス、インターネットマーケティングサービスなどの事業を展開しており、本年5月に150席、9月に200席の増設を、上海第二センターにて行いました。現在は上海2拠点、北京、無錫の計4拠点にて、1060席でサービスを提供しています。

2009年12月には、タオバオと戦略的パートナーシップ契約を締結(※1)しており、タオバオに出店する企業向けのサービス提供拡大を目指してきました。本システムのリリースにより、トランスコスモスCC Chinaがすでに提供している上記サービスの競合優位性が増すことで、2012年にタオバオECサポート業務を40社、10億円の売上規模に拡大する計画です。

(※1)タオバオがEC分野における優秀なアウトソーサーを選定、パートナーシップを明確にすることで、本格的に連携し、タオバオ出店者や企業に提供するサービス品質の向上、ECの適切で安定的な運営、EC分野のさらなる発展などを実現することを目的とした「タオバオパートナープラン」により、パートナーシップ契約を締結しています。
詳細は2009年12月10日発表ののプレスリリース(リンク)をご確認ください。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
(上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司(通称:トランスコスモスCCチャイナ)について)
トランスコスモスの中国におけるコンタクトセンター事業の戦略会社である弊社は、2006年4月、マイクロソフト系会社との合弁会社として、スタートしました(当時、上海微創大宇宙(Wecosmos)、2008年6月より現社名に変更)。現在、中国市場向けに通信販売の注文・問い合わせ受付やパソコンを中心としたテクニカルサポート業務、テレマーケティング業務などのコンタクトセンター全般のサービスを提供しております。また、取引顧客は日系、欧米系、中国系を含め、合計約45社となります。コンタクトセンターの拠点は、上海に2拠点、北京に1拠点、無錫に1拠点の合計4拠点、1060席を保有しており、中国でも有数のECサポート、コンタクトセンターアウトソーシング企業です。

会社名 :上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司
英語社名 :Shanghai transcosmos Marketing Service Co., Ltd.
代表者名 :総経理 久保 雄一朗
設立 :2006年4月
席数 :1060席(上海:740席、北京:170席、無錫:150席)
従業員数 :1170人
事業内容 :中国市場向けコンタクトセンターの運営、多言語オフショア・コンタクトセンター運営、
コンタクトセンター運営に伴うシステム開発
受賞実績 :2009年12月 中国EC最大手のタオバオ社(アリババグループ)と戦略的パートナーシップ契約を締結
2008年度中国(アジア)最優秀コールセンター大会で 「2008年中国最優秀アウトソーサー賞」を受賞
2007-2008 中国・ベストサービス・アウトソーシング・プロバイダー
中国BPOトップ10に選出

(トランスコスモス株式会社について)
1966年に事業を開始して以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より付加価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。コールセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、ビジネスプロセスソリューションサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独、または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、売上の拡大、新規顧客の獲得などを実現する、総合的なITアウトソーシングサービスを提供しております。さらに、これらのサービスは国内だけでなく、アジアを中心に、グローバルに展開しております。当社は高品質なアウトソーシングサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global IT Partner」を目指しています。(URL: リンク)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。