logo

無料英語学習サイト「ココネ」から学習の履歴管理とサポートシステムを発表

ココネ株式会社 2010年09月02日 20時43分
From PR TIMES

学習の履歴を管理してサポートする『My English』のご紹介です。
自分の苦手なところをココネのMy Englishが整理。
集中的に「苦手」を克服!まずは語彙力から!



ココネ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:千 良鉉、以下「ココネ」)は、 当社が運営する英語学習及びコミュニティサイト「ココネ」(リンク)において、英語学習履歴管理と学習サポートシステムである『My English』を大幅に改良し、新機能をを搭載して本日よりサービスを開始することになりましたので、お知らせいたします。


「ココネ」は誰もが無料で英語を楽しみながら学習を続けられるように、そして本物の英語をネイティブ感覚で身につけられるようになることをコンセプトとして2009年12月よりオープンベータサービスを開始致しました。

ゲームで遊ぶ感覚で語彙力・文法力・語順感覚を身につけたり、写真を使ったアニメーションで基礎単語のコアイメージが感覚的に理解できるコンテンツや、日常の様々なシーンをアニメーションで再現し、自然な英語の会話表現を体得することができるコンテンツなどインターネットならではのユニークな学習方法が「ココネ」では体感できます。また、ユーザ間で英語ゲームのランキングを競い合ったり、チャットをしたりとコミュニティ機能も充実しております。また、ココネサイト内の英語の監修を務める慶應義塾大学の田中茂範教授とチャットしたり、直接質問したりすることも可能です。


■■ 『My English』 ならではの学習サポート

『My English』とは、ココネのユーザがゲームで遊んだ時に出会った英語のデータをココネのデータベースに蓄積し、個々のユーザ毎に苦手な単語から得意なものまで数段階にデータを分類し、それらのデータを学習サポートに生かすためのシステムです。今回のサービス開始の時点では「語彙力」のサポート機能のみを搭載しました。

ココネでは、単語を基礎単語(中学で習う単語)、中級単語(頻繁に使われる単語)、上級単語(知っておくと便利な単語)、その他(それら以外の日常生活でよく使う単語)、という4つのレベルに分けており、『My English』ではそれらのレベル毎に自分の単語力が確認できます。単語力とはユーザ個々の解答をその正否だけではなく、解答に要した時間などを「単語パワー」として数値化したものです。この数値は完全習得に至っていない単語は数値が減っていき、「忘れているかもしれない単語」などとユーザの注意を促し、繰り返し学習が続けられるシステムになっています。
日本人は中学校、高校でおよそ3000語の英単語を学習すると言われている中、ここで見る数値は非常に興味深いものになります。学生時代からの英語力(語彙力)は伸びたのかどうか、ココネの『My English』で確認するのも良いのではないでしょうか。


◆ 復習用の単語ゲーム: にぎって!寿司ポン!

『My English』で管理されるデータを利用して自分の苦手な部分を強化するための単語復習ゲームが用意されています。
復習に最適な単語ゲーム「にぎって!寿司ポン!」は流れてくる寿司ネタが落っこちないうちに正面の単語(和訳)に合う和訳(単語)を選ぶゲームです。
ゲームを始める前に自分が強化したい部分の英語を4つの単語レベル(基礎・中級・上級・その他)とカテゴリー(忘れているかもしれない単語など)から出題内容を選択してゲームをプレイすることが可能です。

◆ 今後の『My English』の展開について

今回の『My English』のサービス開始時では、語彙力を確認したり復習強化することに集中した機能が中心ではありますが、今後は文法や機能的な表現(会話などでよく使われるフレーズ)などについても語彙力同様、自分の実力を確認できる仕組みと復習などから更に実力を強化できる仕組みを用意する予定です。
将来的に、ココネの『My English』は自分の総合的な英語力の確認と強化をする場となるように発展させていく予定でおります。






● ココネ株式会社について (URL: リンク
ココネ株式会社は、心(ココロ)、言葉(コトバ)、人と人の繋がり(ネットワーク)の頭文字から名づけられました。
ココネはお客様が語学を楽しく習得して、人々と触れ合い、最終的にはその言葉を媒体として、
ご自分のコミュニケーション能力が高まることに貢献できるサイトを目指しています。
社名:ココネ株式会社 (英語表記: COCONE Corporation) 
設立:2007年9月20日(2008年9月20日 VSC7株式会社から商号変更)
代表:代表取締役社長 千 良鉉
事業内容:英語学習及びミュニティサイト『ココネ』の企画・開発・運営

● 代表取締役社長 千 良鉉(チョン ヤンヒョン / CHUN YangHyun) プロフィール
1966年、韓国ソウル生まれ。90年、日本に留学。語学学校や早稲田大学研究生を経て、慶應義塾大学SFCの政策・メディア研究科に入学。98年に修士号を取得する。
2000年9月、ハンゲームジャパン(現 NHN Japan)を設立。2007年まで代表取締役社長として在職し、2008年から2009年6月まで会長を務める。2009年7月よりココネ株式会社の代表取締役社長に就任し、現在に至る。
日本のオンラインゲーム業界をリードした後、語学をインターネットで学べるサイトを立ち上げようと思った理由は、
常日頃から学生時代に日本で研究した認知言語学を生かしたいという思いがあり、ネット上ではまだ発展していない語学学習分野に対し、今までのネットビジネスの経験を生かしながらインターネットを通じで社会的意義のあるビジネスを始めたかったため。

● 監修 田中 茂範(たなか しげのり)教授
コロンビア大学大学院博士課程修了(教育学博士)慶応義塾大学環境情報学部教授。
「言語コミュニケーション論」「認知意味論」「映画分析」「語彙意味論」などの講義を担当。
『Eゲイト英和辞典』(編著)、『PRO-VISION』英語検定教科書(編著)など学校英語教育に関する著作、
NHK教育番組『新感覚☆キーワードで英会話』(2006)『新感覚☆わかる使える英文法』(2007)の講師、
独立行政法人国際協力機構(JICA)の語学諮問委員会の座長などを務める。

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
※ 本資料に記載の各画面は開発中のものを含みます。
※ 開発・運営:ココネ株式会社
※ Copyright:(C) 2009-2010 COCONE Corporation. All Rights Reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。