logo

SL ジャパン、サイベース金融サミットに展示スポンサーとして参加

RTView へのアダプタが標準提供された Sybase CEP R4 最新版にダイレクトに接続し、アルゴリズム・トレードにおけるリアルタイム・データの可視化と監視ダッシュボードを展示

株式会社 SL ジャパンは、サイベース株式会社が9月15日(水)午後に大手町サンケイプラザにて主催する金融サミット「Sybase Financial Summit 2010 - 日本・欧州・北米の3つの証券市場の現状を現場レベルで知る」に、展示スポンサーとして参加いたします。

リアルタイム・データのグラフィックな可視化と監視ツールの提供でリードする株式会社 SL ジャパン(米 SL 社日本法人、所在地: 東京都港区、代表取締役社長 羽島良重)は、サイベース株式会社が 9月 15日(水)午後に大手町サンケイプラザにて主催する金融サミット「Sybase Financial Summit 2010 - 日本・欧州・北米の3つの証券市場の現状を現場レベルで知る」に、展示スポンサーとして参加いたします。


証券・銀行をはじめとする金融機関を対象に開催される本サミットは、グローバル化の中の欧州・北米・日本という3つの市場において、それぞれの現場レベルから最先端IT技術の現状を理解し、グローバルな視点から、今後の日本証券市場のあり方を探求します。ヨーロッパとニューヨーク証券市場については、それらの変化、そして現場の SOR やアルゴリズム取引、さらにその最先端取引システム基盤の導入事例を、欧州と北米のサイベース社から現場の技術者を招き、2つの市場における真の現状が紹介されます。


リアルタイムに大量のデータを分析してミリ秒単位のアルゴリズム取引に生かすためには、低レイテンシー(短い遅延時間)で大容量データを瞬時に扱えるプラットフォームが必要になります。それらを実現する、Sybase CEP と Sybase RAP 技術について、背景を踏まえながら探っていきます。


SL ジャパンは、RTView へのアダプタが標準提供された Sybase Complex Event Processing (Sybase CEP) R4 最新版にダイレクトに接続し、アルゴリズム・トレードにおけるリアルタイム・データの可視化と監視ダッシュボードとして、RTView を展示いたします。大量のストリーミング・データを高速に処理する Sybase CEP とダイレクトに接続できる RTView は、インメモリでデータをリアルタイムに集約してグラフィックに表示することができ、Sybase CEP ユーザにインフラやアプリケーション監視からビジネス・アクティビティ監視までの幅広い可視性を提供します。


■Sybase Financial Summit 2010 についての詳細ならびにお申し込みは、こちらのサイベース株式会社のサイトをご参照ください:
リンク


■SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について■ リンク
1983 年以来、SL 社は25年を経て、リアルタイム・データのグラフィックな可視化、分析、監視ツールの提供で、最も専門的で機敏な対応力を確立するに至っています。SL 社の旗艦製品である RTView は、ビジネス・アクティビティ監視(BAM)、ビジネス・サービス管理(BSM)、アプリケーション性能管理(APM)、インフラ監視に至る、広範な企業可視化で活用されています。さらに RTView は、イベント駆動型 SOA 市場における複合イベント処理(CEP)エンジン、TIBCO などのメッセージング・ミドルウェア、Oracle Coherence データ・グリッド、金融サービスやプロセス製造業などのバーチカルなカスタム・ソリューションの可視化で使用されているデファクト・スタンダードです。SL 社の可視化ソリューション技術と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・カルチャーが、世界の業界でリードする何千にもおよぶ最もクリティカルなアプリケーションとビジネスの支援で SL 社が選択されてきた理由で、世界 98,000 ライセンス、国内 8,500 ライセンス以上の出荷実績を誇っています。株式会社 SL ジャパンは 1998 年に設立された、SL 社の日本法人です。


■RTView 製品について■
リンク


■お問い合せ先■
株式会社 SL ジャパン 広報担当 publicity@sl-j.co.jp
電話 03-3423-6051
〒107-0062 東京都港区南青山 3-8-5 アーバンプレム南青山3階

※記載される会社名・製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

関連情報
http://www.sl-j.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。