logo

Chuck Grindstaff、シーメンスPLMソフトウェアのプレジデントに就任

~Helmuth Ludwigは、シーメンス産業オートメーション事業部の グローバル・コミュニケーション・チームを統括~

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて
世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、
製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント兼CTOの
Charles C. (Chuck) Grindstaffが、シーメンスの新しい会計年度の
期首に当たる本年10月1日を以ってプレジデントに就任すると発表しました。

Grindstaffは、32年以上にわたり、シーメンスPLMソフトウェアの
上級職を歴任し、先見性と思慮に富むリーダーと評されています。

また、シーメンス産業オートメーション事業部は本日、Grindstaffの
前任に当たるDr. Helmuth Ludwigをグローバル・コミュニケーション・
チームの統括責任者に任命したことを発表しました。Ludwigは、
1990年以降シーメンスの上級職を歴任し、シーメンスによる買収後は、
シーメンスPLMソフトウェアのプレジデントに就任しました。Ludwigは、
シーメンス産業オートメーション事業部の4つのビジネスユニットを統括して、
さまざまな戦略的コミュニケーション・サービスを提供していくことになります。
Ludwigも、同じく10月1日付けで就任します。

「本日の辞令は、シーメンスとシーメンスPLMソフトウェアとの企業統合が
成功を収め、さらに、シーメンスPLMソフトウェアが競合他社を凌駕する
力を付けたことを表しています。シーメンスPLMソフトウェアは、
会長兼CEOであるTony Affusoと、新しくプレジデントに就任した
Chuckのリーダーシップの下、引き続きこの卓越したテクノロジに
注力し、産業用ソフトウェアの分野でシーメンスを牽引し続けることでしょう。
そして、シーメンスとその顧客の産業を知り尽くしているHelmuthは、
当事業部のグローバルなビジネスユニットの力強い成長を後押し
してくれるでしょう。これは、シーメンスにも、お客様を成功に導くという
シーメンスのコミットメントにも良い結果をもたらします」と、シーメンス
産業オートメーション事業部のCEOであるAnton S. Huberは述べています。

Charles C. (Chuck) Grindstaffの略歴は、こちらよりご覧いただけます(英文)
リンク
Dr. Helmuth Ludwigの略歴は、こちらよりご覧いただけます(英文)
リンク


シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部の
ビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで
世界6万3,000社のお客さまにサービスを提供し、約670万ライセンスに
およぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを
本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある
製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。
シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は
www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。


シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する
シーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、
オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの
分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、
自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに
向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。
産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、
製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、
製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業
オートメーション事業部は全世界で約39,000人の従業員を擁し
(2009年9月30日現在)、2009年度の総売上高は70億ユーロを
達成しています。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。