logo

ウォッチガード、コラボルタとの協業を発表

中小企業のセキュリティ強化とリモートアクセスを実現へ iPhone 4法人契約者にUTM機器を無償で提供

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:本富顕弘、以下ウォッチガード)は、本日、株式会社コラボルタ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:山内章裕、以下コラボルタ)と中小企業のセキュリティ対策において協業することを発表しました。今回の協業に基づき、コラボルタは同社が販売しているApple iPadやiPhone 4などのスマートフォン顧客に対し、無償でウォッチガードのUTM(統合脅威管理)アプライアンス「WatchGuard XTM 2 Series」(以下、XTM)を提供し、ユーザ企業のセキュリティを高め、セキュアなリモートアクセスを実現します。

今回のキャンペーンでは、iPhone 4(またはiPad)10台以上を同時に契約した企業に、XTM本体と初年度UTMライセンスを無償で提供します。企業は、XTMのオールインワン・ゲートウェイ・セキュリティ機能を活用し、ファイアウォール、ウイルス対策、URLフィルタリング、迷惑メール対策、IPS(進入阻止)などにより、企業のセキュリティを高めるほか、XTMに標準搭載されているクライアントVPN機能であるPPTP経由により、出先や自宅からiPhoneを使って社内ネットワークへセキュアにリモートアクセスすることが可能となります。また、リモートデスクトップ機能を使って社内にある自身のPCへアクセスしたりグループウェア等の社内情報共有サーバにセキュアにアクセスすることが可能になります。

尚、今回のキャンペーンは、従業員20人程度の中小企業をターゲットとしており、初年度の目標販売数は、iPhone 4の法人契約数で200契約です。

また、ウオッチガードは、XTMの導入設置、ログ集積サービス(Guardian Center)、リモート監視サービス等を有償オプションとして提供します。監視サービスは月額3000円から、導入設置サービスは7万円からとなります。なお、無償提供するWatchGuard XTMアプライアンスは、ウォッチガードの規定によります。

キャンペーンについては、こちらのウェブサイトをご参照ください:
リンク

■今回の協業についてのコメント

株式会社コラボルタ 代表取締役社長 山内章裕
日本の携帯電話市場は、スマートフォン世代へと急速に移行してきております。特にビジネスユースでは、WiFiの活用により、社外からのアクセス機会も増え、業務効率化が進む反面、中小企業では充分なセキュリティ対策が施されていない脅威を抱えています。この度のウォッチガード・テクノロジー・ジャパン様との協業は、私共の顧客企業様に容易にセキュリティの強化を提供でき、スマートフォンを社内ネットワークのひとつのデバイスとして、セキュアな環境を提供することができると考えました。

私共では、スマートフォンを導入いただいた企業様に、WatchGuard XTMの画期的ソリューションを無償提供することにより、メール、スケジュールの確認、社内ファイルサーバーでのデータの閲覧を可能にし、また WatchGuard XTMのセキュアな接続機能VPNを使うことにより、安全なリモートアクセスを提供し、さらなる業務効率化をご提案致します。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 代表取締役社長 本富顕弘
この度のコラボルタ様との協業は、日本の多くの中小企業においてIT環境を強化する画期的ソリューションを提供します。WatchGuard XTMアプライアンスは、企業のインターネットの出入口でゲートウェイ・セキュリティを実現しますが、その一機能としてリモートアクセスに不可欠なセキュアな接続機能VPNも装備しています。VPNを使った社員による社外からの接続は、業務の生産性を大きく向上させます。今後iPhone 4ならびにiPadは企業での利用が急速に拡大し、多くの社員のリモートIT環境に最適なデバイスとして浸透していくものと考えられます。コラボルタ様で iPhone 4の法人契約をすれば、WatchGuard XTMアプライアンスが無償でご利用頂けます。そして、WatchGuard XTMにより、お客様は、社内のネットワーク・セキュリティを実現すると同時に、社員のリモートアクセスをセキュアに実現でき、安心して自社の業務に注力することができます。

■株式会社コラボルタについて
株式会社コラボルタは、2008年に株式会社光通信の関連会社として設立し、様々な企業様とコラボレーションしたコラボケータイの企画・販売を行って参りました。現在では、スマートフォンを中心に、ビジネスの効率化に役立つツール・商材をご提案しております。また、法人向けISPやクラウドソリューションのご提案など、法人様に対するあらゆるネットワークソリューションについてのコンサルティングも実施しております。

詳細はウェブサイトリンクをご覧下さい。

■WatchGuard Technologies社について
WatchGuard Technologiesは、1996年よりネットワーク・セキュリティ・アプライアンスにおけるテクノロジー・リーダーとして、信頼性が高く、管理し易いセキュリティ・ソリューションを全世界の企業に提供しています。WatchGuard Fireboxは、アプリケーション・プロキシー技術に基づくマルチレイヤーの高度なセキュリティを実現し、導入・運用、サポートのし易さ、高い費用対効果を提供します。WatchGuardは株式非公開企業で、本社は米国ワシントン州シアトルにあり、北米、ヨーロッパ、アジアパシフィック、ラテン・アメリカに支社があります。日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、2000年に設立。多くのパートナーを通じて、アプライアンスの販売のみならず、マネージド(管理)サービスも提供しています。日本市場では、中堅・中小企業のセキュリティの「見える化」、セキュリティとネットワークの「管理」など拡大するニーズに対し、ソリューションを提供しています。

詳細はウェブサイトリンクをご覧下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。