logo

「日本スマートフォン市場分析2010~キーワードはAndroid、タリフシステム、クラウド~」調査報告書を発表

ROAの最新調査報告書

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Group(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析レポート「日本スマートフォン市場分析2010~キーワードはAndroid、タリフシステム、クラウド~」を刊行し、販売を開始いたしました。

■報告書の概要

・日本国内スマートフォン市場は、2015年度までの間にCAGR(年平均成長率)約33%のペースで拡大
・2013年には国内でのiOSのシェアをAndroid OSが逆転する
・2010~2015年にかけiOS、Windows Mobile OS、Android OSの合計が国内98%を占有


日本スマートフォン市場は、2008年のiPhone上陸以降、同端末の独り勝ち状態が続いていますが、それに対抗すべくAndroid OSやWindows Mobile OSをベースとして各バリューチェーンのプレイヤー達が市場の主導権獲得を目的としてしのぎを削っています。

スマートフォンを取り巻く激しい環境の変化を鑑み、ROAでは近い将来において「Android OSは、国内市場において数年のうちにiOSを凌駕する」「スマートフォンへの課金体系は、バンドル割引を始め劇的に変化する」「スマートフォンは、数年のうちに急速にクラウド化に向かう」という3つの大きな変化を予測しています。

本レポートでは、これらの大きな変革を起こす要因について、各スマートフォンOSの動向や特性、及び各バリューチェーンにおけるプレイヤーの戦略等を徹底分析すると共に、日本国内スマートフォンOSのシェアと販売台数予測(2009~2015年)を行っています。


本レポートのエグゼクティブサマリーは、下記ホームページでご覧いただけます。
リンク


■目次

エグゼクティブサマリー

1 スマートフォンの定義と必要性の変化について
 1-1 スマートフォンの定義
 1-2 スマートフォンの必要性の変化
  1-2-1 エンドユーザーからみた必要性の変化
  1-2-2 通信キャリアからみた必要性の変化
  1-2-3 デバイス・ベンダーからみた必要性の変化
  1-2-4 コンテンツ・プロバイダから見た必要性の変化

2 スマートフォンOSのユニークな点と長所・短所
 2-1 iOS
  2-1-1 iOSのユニークな点
  2-1-2 iOSの長所
  2-1-3 iOSの短所
 2-2 Android OS
  2-2-1 Android OSのユニークな点
  2-2-2 Android OSの長所
  2-2-3 Android OSの短所
 2-3 Windows Mobile OS
  2-3-1 Windows Mobile OSのユニークな点
  2-3-2 Windows Mobile OSの長所
  2-3-3 Windows Mobile OSの短所
 2-4 その他OS
  2-4-1 その他OSにおける概要

3 通信キャリア別のスマートフォン戦略
 3-1 NTTドコモ
  3-1-1 打倒iPhone戦略としてのAndroidラインナップ
  3-1-2 ドコモマーケットの戦略
 3-2 KDDI
  3-2-1 Android投入が遅れた背景
  3-2-2 au one Market
  3-2-3 モバイルARへの取り組み
 3-3 ソフトバンク
  3-3-1 Twitterへの注力
  3-3-2 ソフトバンクグループ間での連携
  3-3-3 iPhoneを基軸としたデータARPU向上作戦
 3-4 イー・モバイル
 3-5 ウィルコム

4 デバイス・ベンダー別のスマートフォン戦略
 4-1 日本国内デバイス・ベンダー
  4-1-1 シャープ
  4-1-2 東芝
 4-2 海外デバイス・ベンダー
  4-2-1 アップル(Apple)
  4-2-2 HTC
  4-2-3 ソニー・エリクソン(Sony Ericsson)
  4-2-4 RIM (Research IN Motion)
 4-3 デバイス・ベンダーの競争力相関図

5 Conclusion
 5-1 Android OSは国内市場において数年のうちにiOSを凌駕する
 5-2 スマートフォンへの課金体系はバンドル割引を始め劇的に変化する
 5-3 スマートフォンは数年のうちに急速にクラウド化に向かう
  5-3-1 アップルのクラウド型サービスへの転向可能性
  5-3-2 グーグル・マイクロソフトにおけるモバイル・クラウドへの取り組み


図目次
[図1-1]各バリューチェーン別のスマートフォンに対するニーズの変化
[図1-2]アップルが参入したことによる新しい携帯サービスエコシステムの登場
[図2-1]OS別国内スマートフォン市場規模予測(2009~2015年)
[図2-2]日本国内における3大スマートフォンOS
[図2-3]iOS4.0における更新機能
[図2-4]ソースコード・ライセンスがクローズなiOSのエコシステム
[図2-5]ソースコード・ライセンスがオープンなAndroid OSのエコシステム
[図2-6]ペイド・ライセンスモデルのWindows Mobile OSのエコシステム
[図3-1]ソフトバンクBBが提供するサービスの流れ
[図3-2]ソフトバンクテレコムのホワイトクラウドメールサービス
[図4-1]アップルを包囲する世界のデバイス・ベンダー
[図4-2]販売継続が途絶えたマイクロソフトKIN
[図4-3]東芝のスマートフォン技術「NX!UI」
[図4-4]左からXperia X10、Xperia X10 mini、Xperia X10 mini pro、Xperia X8
[図4-5]スマートフォン分野におけるデバイス・ベンダーの競争力相関図
[図5-1]日本国内スマートフォンOSのシェアと販売台数予測(2009~2015年)
[図5-2]マルチデバイス・マルチスクリーン化の流れ

表目次
[表1-1]本レポートにおけるスマートフォンの定義
[表1-2]スマートフォンに対するユーザーの意識の変化
[表3-1]NTTドコモの歴代スマートフォン推移(2006~2010年)
[表3-2]KDDIの歴代スマートフォン推移(2009~2010年)
[表3-3]ソフトバンクの歴代スマートフォン推移(2007~2010年)
[表3-4]イー・モバイルの歴代スマートフォン推移(2008年)
[表3-5]ウィルコムの歴代スマートフォン推移(2005~2010年)
[表3-6]日本国内通信キャリアのスマートフォン戦略まとめ
[表4-1]シャープ製スマートフォン一覧(2006~2010年)
[表4-2]東芝(富士通)製スマートフォン一覧(2007~2010年)
[表4-3]アップル製スマートフォン一覧(2007~2010年)
[表4-4]HTC製スマートフォン一覧(2006~2010年)
[表4-5]ソニー・エリクソン製スマートフォン一覧(2010年)
[表4-6]RIM製スマートフォン一覧(2006~2010年)


■商品概要

発行:株式会社ROA Group
発刊:2010年8月
判型:ワードA4 カラーコピー印刷 ページ数:82頁
調査・製作 : 株式会社 ROA Group
価格(税込・送料込) :
- 99,750円 (PDF(CD-ROM)版)
- 99,750円 (印刷版)
- 102,900円 (PDF(CD-ROM)+印刷版)

<お申し込み方法>
次のURLからお申し込みいただけます。
(エグゼクティブサマリーもPDFでダウンロードいただけます)

リンク


■会社概要

社名 : 株式会社ROA Group
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@researchonasia.com
その他支店 : ソウル支社、上海支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Group レポート・マーケティングチーム 担当:木村
TEL: 03-3356-0874 Email: report@researchonasia.com

このプレスリリースの付帯情報

日本国内スマートフォンOSのシェアと販売台数予測(2009~2015年)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。