logo

Templeton、自動車アフターマーケット分野で、Launch TechとSPXが戦略的提携を結んだことを発表

Singapore, Aug 30, 2010 - (JCN Newswire) - Templeton Emerging Markets Groupは、SPX Corporation (NYSE: SPW)のSPXサービスソリューションズ事業部と、自動車アフターマーケット分野のグローバル企業である中国のLaunch Tech Company Ltd.(元征)が、戦略提携の枠組みについて合意を成立させたことを、本日発表しました。SPXはまた、Launch Techの少数株主となる株式を買い取りました。Templeton Strategic Emerging Markets Fund II, LDCは、H株の16.67%を保有します。これは、Launch Tech Company Ltd. (8196.HK)の全発行済み株式の7.55%に該当します。


Templeton Emerging Markets Groupの取締役会長のMark Mobiusは、次のように述べました。「Launch Techが、先日、SPXとの戦略的提携を開始したことを、たいへん喜ばしく感じています。この戦略的協力は、国際市場および自動車アフターマーケットでの競争力強化のためのLaunch Techの施策の新たな節目であり、長期的には同社の利益となるでしょう。中国の自動車市場の規模の大きさや、中国における自動車の浸透度の高まりは、Launch Techなどの中国の大手自動車アフターマーケット企業のさらなる成長を引き起こすと考えられます。弊社は、Launch Techが、今後数年間に大幅なビジネス成長を見込める有利な位置づけにあると考えています。」


Templeton Emerging Marketsチームは、この提携が、Launch Techに投資しているTempleton Strategic Emerging Markets Fund II, LDCなどの投資家にとって、たいへん素晴らしい発展であると考えています。Launch TechおよびSPXサービスソリューションズの2社は、自動車アフターマーケット機器分野の主導的企業ですので、提携により両社の力はますます強化されるでしょう。両社は、お互いの企業の製品を共同マーケティングすることができ、それぞれのグローバル流通網を活用できます。


中国汽車(自動車)工業協会によれば、2010年前半に中国で販売された自動車の数は合計902万台で、2009年前半と比べて50%近く増加しています。2009年全体では、合計1,364万台が販売されました。中国の新車販売台数は急激に増加すると予測されていますので、中国の自動車サービス業界の成熟も必要とされるようになってきています。このため、SPXサービスソリューションズは、長期にわたり、中国市場に最高のサービスを提供するために、戦略的位置づけを確保する施策を取っています。


1992年に設立されたLaunch Tech Company Ltd.は、修理センター向けの各種自動車アフターマーケット機器およびサービス・ソリューションの製造・販売をしています。現在、60か国400社の流通業者にサービスを提供しています。2009年には、同社は6800万米ドルの収益を報告しており、売り上げの約50%は中国で発生しています。同社は、中国におけるアフターマーケット診断ツールの提供で主導的な企業となっています。Launch Tech Company Ltdは、ヨーロッパや北米でも主力企業であるだけでなく、世界の主な新興地域でも大きなプレゼンスを占めています。


SPXサービスソリューションズは、米国ミシガン州ウォレンに本社があり、世界各国に事務所を置いています。同社は、特殊サービスツール、先進診断テスターやショップ用機器、自動車サービスおよび整備関連の技術情報などを、完全に統合されたグローバル・ブランド・ファミリーの下で、設計・製造・販売しています。同社は、重要なビジネス課題の解決のために、お客様のために非常に特化された技術ソリューションを提供している多角的メーカーで、フォーチュン500社のひとつであるSPX Corporation (NYSE: SPW)の構成企業です。


Templeton Strategic Emerging Markets Fund II, LDC ("TSEMF II")およびTempleton Emerging Markets Groupについて


TSEMF IIは、英領ケイマン諸島で法人化された有限期間会社で、機関投資家と適格投資家のみが利用可能です。


TSEMF IIは、香港の証券及期貨事務監察委員会(Securities and Futures Commission)により認可されておらず、証券先物令(第571章)およびそれに基づいて制定された任意の法令により規定された「専門投資家」以外の投資家には、利用できません。


TSEMF IIは、Templeton Emerging Markets Groupの認定投資アドバイザーのTempleton Asset Management Ltd ("TAML")により、Mark Mobius博士の指揮の下で、管理されています。Mobius博士は、新興市場への投資の先駆者で、全世界の一般投資家、機関投資家および専門投資家向けのアセットマネージメントで、30年以上の経験があります。同種の企業の中では最大手のTempleton Emerging Markets Groupは、2010年6月30日現在、新興市場エクイティで300億米ドル以上を管理しており、45人のポートフォリオマネージャーとアナリストを擁し、24の言語と方言に対応し、世界各国で16か所の事務所があります。


TAMLの最上位親会社のFranklin Resources, Inc. (NYSE: BEN)は、フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ社として運営されているグローバル投資管理会社です。フランクリン・テンプルトン・インベストメンツ社は、Franklin、Templeton、Mutual Series、Fiduciary Trust、DarbyおよびBissett投資チームにより管理されるグローバルおよび国内投資管理ソリューションを提供しています。米国カリフォルニア州サンマテオに本拠を置く同社には、60年以上の投資経験があり、2010年7月31日現在6,020億米ドル以上の資産を管理しています。さらに詳しい情報については、 franklintempleton.com をごらんください。


お問合せ先:
Franklin Templeton Investments
Bill Weeks
New York
Tel: +1 212 632 3204
Email: bweeks@frk.com
Corporate Communications
URL: www.franklintempleton.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。