logo

「B2C向けモバイルM2Mの展望と課題~センサーネットワーキングが成長ドライバに~」調査報告書を発表

ROA Groupの最新調査報告書

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Group(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析レポート「B2C向けモバイルM2Mの展望と課題~センサーネットワーキングが成長ドライバに~」を刊行し、販売を開始いたしました。

■報告書の概要

・モバイルM2M市場は今後、キャリアによる積極的な販促戦略やB2C市場の普及モデルと相まって、2014年には年平均約22.3%増の伸び率と共に約900万回線弱まで伸びると予測


キャリアを含む多くの関連プレイヤーが、現在はB2B市場に注力しながらも、巨大なB2C市場の可能性を見ているモバイルM2M市場。本レポートは、この無線通信モジュールを使ったビジネスモデルのB2C市場への可能性という命題について分析を行っています。また通信モジュールベース分野のうち、特にB2C市場で成功するビジネスモデル分析のために、日本国内の多くのビジネスモデル事例をバリューチェーン別に分類すると共に、日本国内モバイルM2M市場規模についても予測しています。

本レポートのエグゼクティブサマリーは、下記ホームページでご覧いただけます。
リンク


■目次

エグゼクティブサマリー

1 モバイルM2M概要
 1-1 モバイルM2Mの定義
 1-2 B2Bから(B2)B2Cへ
  1-2-1 B2B市場の既存モバイルM2Mモデル
  1-2-2 モバイルM2M分野のB2B市場事例
  1-2-3 (B2)B2Cの可能性
 1-3 センサーネットワーキング

2 バリューチェーン分析
 2-1 バリューチェーン分類
 2-2 キャリア主導・協業型
 2-3 モジュール主導型
 2-4 カスタマイズ型

3 B2C市場におけるM2M事業エコシステム分析

4 事業モデル分析
 4-1 キャリア主導・協業型
  4-1-1 NTTドコモ
  4-1-2 KDDI
  4-1-3 オムロン
  4-1-4 東海電子
  4-1-5 ドーコン
 4-2 モジュール主導型
  4-2-1 ソフトバンクモバイル
  4-2-2 NECマグナスコミュニケーションズ
 4-3 カスタマイズ主導型
  4-3-1 ホンダ
  4-3-2 京王
  4-3-3 テムザック

5 市場成長性予測

6 インプリケーション
 6-1 キャリア
 6-2 メーカー
 6-3 モジュールメーカー
 6-4 コンテンツ/サービスプロバイダ

図目次
[図1-1]M2Mの概念及び定義
[図1-2]M2M有力市場分野
[図1-3]本レポートのM2M範囲
[図1-4]現在のモバイルM2Mを取り巻く市場構造
[図1-5]DoCoリモ・ネットV2 - 自販機制御のケース
[図1-6]見える化ソリューション「e-Watching」
[図1-7]auネットワークを使ったSiLEDシステム
[図1-8]M2M導入役割の変遷
[図1-9]センサーネットワーク概念図
[図2-1]モバイルM2Mバリューチェーン
[図2-2]M2Mキャリア主導型ビジネスモデル
[図2-3]M2Mモジュール主導型ビジネスモデル
[図2-4]M2Mカスタマイズ主導型ビジネスモデル
[図3-1]モバイルM2M市場の競争優位項目
[図3-2]キャリアによるB2C市場向けM2Mエコシステム構築要素
[図4-1]NTTドコモの基本戦略
[図4-2]ドコモ・プロスパート・プログラム
[図4-3]プロスパート・プログラム詳細
[図4-4]NTTドコモの環境センサーネットワークシステム
[図4-5]KDDIの基本戦略
[図4-6]KDDI-MSP詳細
[図4-7]オムロンのe-watchingバリューチェーン
[図4-8]東海電子ALCシリーズバリューチェーン
[図4-9]ドーコンのサイクルシェアリングバリューチェーン
[図4-10]ソフトバンクモバイルの基本戦略
[図4-11]SBMのフォトフレームサービスバリューチェーン
[図4-12]NECマグナスコミュニケーションズのPAUシリーズバリューチェーン
[図4-13]ホンダのLink Up Freeサービスバリューチェーン
[図4-14]Link Up Freeサービスイメージ
[図4-15]京王ほっとネットワークバリューチェーン
[図4-16]お留守番ロボットROBORIORバリューチェーン
[図5-1]日本国内モバイルM2M市場規模予測(2005年度~2014年度)


■商品概要

発行:株式会社ROA Group
発刊:2010年8月
判型:ワードA4 カラーコピー印刷 ページ数:64頁
調査・製作 : 株式会社 ROA Group
価格(税込・送料込) :
- 99,750円 (PDF(CD-ROM)版)
- 99,750円 (印刷版)
- 102,900円 (PDF(CD-ROM)+印刷版)

<お申し込み方法>
次のURLからお申し込みいただけます。
(エグゼクティブサマリーもPDFでダウンロードいただけます)

リンク


■会社概要

社名 : 株式会社ROA Group
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@researchonasia.com
その他支店 : ソウル支社、上海支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Group レポート・マーケティングチーム 担当:木村
TEL: 03-3356-0874 Email: report@researchonasia.com

このプレスリリースの付帯情報

[図]日本国内モバイルM2M市場規模予測(2005年度~2014年度)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。