logo

9月9日(木)開催 『製造業におけるIFRS対応とその活用セミナー』

『製造業におけるIFRS対応とその活用セミナー』

 ~IFRS対応を通じて、事業構造の変革や価値ある業務への集中を推進しよう~

IFRS(国際会計基準)への対応を負の規制と捉えず、事業構造の変革や真に価値の
ある業務への集中により、無駄や過去のしがらみを解き放つ良い機会と捉えては
いかがでしょうか?

株式会社エクサが、日本アイ・ビー・エム株式会社、エス・エス・ジェイ株式会社との
協賛でIFRSへの対応を応援します。

今回は、製造業の常識的な取引上の慣習や業績管理への影響と、それを改革の機会
と捉える提言を日本アイ・ビー・エム株式会社 戦略コンサルティング パートナーの
後藤友彰様よりお話しいただきます。

さらに、国内Topシェアーを誇る会計ソリューション会社であるエス・エス・ジェイ社の最新
パッケージであるSuperStream-NXと、そのIFRS対応についてご紹介します。

最後に、SEC基準と国内商法基準の両方に対応する決算を既に実施している弊社の
決算報告事例とお客様向けIFRS対応ソリューションをご紹介します。


 ──────────────────────────────────
  ■セミナー名:『製造業におけるIFRS対応とその活用セミナー』
 ~IFRS対応を通じて、事業構造の変革や価値ある業務への集中を推進しよう~
 ──────────────────────────────────
  ■日時: 2010年 9月9日(木)13:30~17:00(受付開始13:00)
 ──────────────────────────────────
  ■会場:日本アイ・ビー・エム株式会社 箱崎本社 7F 教室
      東京都中央区日本橋箱崎町19-21
 ──────────────────────────────────
  詳細はこちら ⇒ リンク
 ──────────────────────────────────
  ■セミナー内容
                 
  1) 『製造業におけるIFRS対応とその活用』
  【内容】13:30~14:30
  EUや韓国での最新取組状況と製造業での影響を通じて、対応策をご紹介します。
  
   日本アイ・ビー・エム株式会社 GBS事業部
    Operations & Finance Strategy & Transformation Partner 後藤 友彰
  
  2) 『IFRS対応に挑戦するSuperStream-NXのお勧め』
  【内容】14:40~15:40
  現在、判明しているIFRS対応とその実施時期に対し、エス・エス・ジェイ社の対応
  をご紹介します。
 
  エス・エス・ジェイ株式会社 コンサルティング部 大山 弥生
 
  3) 『株式会社エクサの会計システム対応とソリューションのご紹介』
   【内容】15:50~16:50
  二つの親会社(米国IBM、JFEスチール)の要請に基づき、SEC基準と国内商法基準
  との会計処理を同時対応し決算を行う実務処理事例をお話しします。
  さらに、exaがご提供する IFRS対応ソリューションであるORACLE/EBS、JDEのサー
  ビス、クラウドコンピューティングサービスをご紹介をいたします。
 
  株式会社エクサ 事業総括部長  吉野 輝彦
  第1ソリューション営業部 部長 沼田 禎人
 ──────────────────────────────────
  ■定員数: 50名 (定員に達し次第締切り)
 ──────────────────────────────────
  ■受講料: 無料
 ──────────────────────────────────
  ■主 催: 株式会社エクサ
  ■協 賛: 日本アイ・ビー・エム株式会社、エス・エス・ジェイ株式会社
 ──────────────────────────────────
  ■お申込:こちらから!
  リンク
 ──────────────────────────────────
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■    お問合せ
 ◆株式会社エクサ 第2営業統括本部 インダストリー第3営業部  
          担当 近藤 福雄   
          TEL: 044-540-2341
          Email: ifrs-0909@exa-corp.co.jp

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。