logo

【レポート販売】「2010年版 特定保健用食品 栄養機能食品 サプリメント市場総合分析調査」

~機能性食品市場の現状~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2010年版 特定保健用食品 栄養機能食品 サプリメント市場総合分析調査」を販売開始しました。

詳細URL:http://shop.ns-research.jp/3/4/15793.html

報道関係者各位

平成22年8月24日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2010年版 特定保健用食品 栄養機能食品 サプリメント市場総合分析調査」を販売開始

~機能性食品市場の現状~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2010年版 特定保健用食品 栄養機能食品 サプリメント市場総合分析調査」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 資料概要 ■■

◇特定保健用食品、機能性食品市場の最新動向がわかる!
◇現在~2015年までの機能性食品市場を予測!
◇各企業の取組み状況がわかる!

2009年9月、内閣府に消費者庁が設置され、「特定保健用食品」に関する所轄が厚生労働省から移管されました。また、2009年8月末に行われた衆議院選挙において、民主党政権が誕生したこともあり、今後、機能性食品を取り巻く行政の動向にも注目が集まっています。
少子高齢社会にある日本では、国民医療費も上昇傾向にあることもあり、国は健康づくりや軽い疾病治癒に対し個人が自己投資する方向へ政策転換を図っている最中であります。

疾病の重症化につながるメタボリックシンドローム対策商材や、美容・エイジングケアの商材などが売れ筋となっている中、疾病リスクを軽減するサプリメントなどの開発も進められ、各学会等で発表されています。トクホは、以前のように「トクホである」という主張するまでもなく、生活に溶け込んでいる気配すらあります。大きなインパクトとはならないかもしれない「トクホ」についての各企業の考え方や、製造・販売について日々感じていることなどをアンケートやヒアリングを通し、まとめました。また今後の市場規模推移、企業の当該分野の売上規模と今後の予測などを行いました。

本調査は、企業、関係者へのヒアリングやアンケート調査、公開データ等をもとに、機能性食品市場の現状や企業の考え、今後の市場の方向性についての内容となっております。数字だけでは読み取れない担当者の生の情報が盛り込まれています。


■■ 調査概要 ■■

【調査対象】
トクホ、栄養機能食品、サプリメント、機能性飲料・菓子の製造/販売に関わる企業

【調査項目】
・ 市場規模予測
・ 企業別売上・予測
・ 今後の市場トレンドとキーワード
・ 各社の取組み、製造・販売の状況
・ 製品開発の方向性、強み
・ 注目している素材、食品の機能 など

【調査方法】
・郵送、FAX、Eメールによるアンケート調査
・訪問、電話によるヒアリング調査
・各種資料のまとめ


■■ 目次 ■■

はじめに
調査概要

I. 本レポートにおける用語の定義
1.用語の示す範囲
1) 特定保健用食品
2) 栄養機能食品
3) サプリメント
4) 機能性飲料・機能性菓子
2.医薬品と食品の位置づけ

II. 調査結果のまとめ
1.市場規模予測
2.参入企業の動向
1) 参入別の商品特徴
2) 参入企業が多い保健機能カテゴリー
3) 機能性成分について
4) トレンド予測とキーワード

III.トクホ制度と市場の状況
1.トクホ制度に関する各機関
1) 消費者庁食品表示課
2) 消費者委員会
3) 食品安全委員会
2.トクホ市場の現状
1) トクホ許可品目数の推移
2) トクホ取得商品の保健機能の内訳
3) 企業別取得件数
4) 取得商品の関与成分内訳
5) 表示内容(保健機能) 別内訳
3.機能性食品関連企業へのアンケート調査結果 【参考】
1) アンケート調査の概要
2) 調査結果
  〔1〕 調査対象企業の取り扱いカテゴリー
  ② トクホへの注力度合いについて
  ③ 注力している(または注力予定の) 食品の機能/分野について
  ④ 現在の主な販売チャネル
  ⑤ 今後注力したい販売チャネル
  ⑥ 消費者庁に移管されたことによる、消費者へ与える「トクホ」の印象の変化
  ⑦ (日本の) 食品の機能表示制度についての意見
  ⑧ 国内の機能性食品市場(規模) 推移予測について
  ⑨ 既に進出している国や地域
  ⑩ 今後、進出を予定している国や地域

IV. 企業個票
1.アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
2.味の素株式会社
3.味の素ゼネラルフーヅ株式会社
4.伊藤園株式会社
5.伊那食品工業株式会社
6.大塚製薬株式会社
7.花王株式会社
8.カゴメ株式会社
9.カルピス株式会社
10.小林製薬株式会社
11.サンスター株式会社
12.サントリーホールディングス株式会社
(サントリーウエルネス株式会社、サントリー食品株式会社)
13.大正製薬株式会社
14.株式会社DHC
15.日清オイリオグループ株式会社
16.日本コカ・コーラ株式会社
17.ハウス食品株式会社(ハウスウェルネスフーズ株式会社)
18.株式会社ファンケル
19.明治ホールディングス株式会社
(明治製菓株式会社、明治乳業株式会社)
20.森永乳業株式会社
21.株式会社ヤクルト本社
22.株式会社ロッテホールディングス
(株式会社ロッテ、ロッテ健康産業株式会社)

V. 関連統計データ
1.日本の人口
1) 日本の総人口推移
2) 日本の人口構成推移
2.生活習慣病関連患者数の推移
3.骨粗鬆症検診受診者数に占める「要精検者」数の割合
4.歯周病疾患検診受診者に占める「要精検者」数の割合
5.健康診査における検査結果の状況
6.国民医療費の推移
7.家計における品目別支出額の比較
8.体重を減らそうとする者の割合と体重を減らすために行っていること
9.食品群別摂取量
10.はっ酵乳、乳酸菌飲料の生産量推移

VI. トクホ許可取得商品一覧


■■資料概要■■

資 料 名:2010年版 特定保健用食品 栄養機能食品 サプリメント市場総合分析調査
発 刊 日:2010年7月23日
調査・発行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 196ページ
頒   価:
      ■書籍版  99,750円(本体価格95,000円、消費税4,750円)
      *別途送料500円
     

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■本件に関するお問い合わせ先■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319 
Fax:03-3549-0221 
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。