logo

ファルコンSC社の認証システム「WisePoint」にiPhoneの端末認証を機能追加。2010年8月20日から販売開始。

ファルコンSC社の「WisePoint」がiPhoneの端末認証に対応しました。App Storeより「WisePointBrowser」をダウンロードしてご利用頂けます。

「WisePoint ver4.1.18」よりiPhone端末認証に対応いたしました。
WisePointの従来のワンタイムパスワード認証機能である、イメージングマトリクス認証、マトリクスコード認証、Jパスワード認証との併用により、端末認証、本人認証が実現可能となります。
iPhoneにはあらかじめApp Storeより専用ブラウザをインストールして頂くだけで簡単にご利用が出来ます。WisePointはクラウドのGoogle Appsにも対応しており、iPhoneからGoogle Appsへのアクセスの際の認証強化としてのご利用も可能です。

ファルコンシステムコンサルティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:高橋正廸、以下ファルコンSC)は、ワンタイムパスワードとシングルサインオンの認証ソリューション製品「WisePoint」の新オプション機能として、「iPhoneデバイス認証機能」を2010年8月20日(金)より販売開始したことを発表いたします。
「WisePoint」は、画像をパスワードに用いるイメージングマトリクス認証や携帯電話の固体製造番号を用いた携帯電話ID認証などのワンタイムパスワード認証機能を装備した、Web対応の認証システムです。国内の主要モバイルキャリアの携帯電話によるデバイス認証はすでに対応しておりましたが、お客様のご要望に応じ、iPhoneの法人ユーザ様向けにiPhoneによるデバイス認証機能をオプションとして追加いたしました。これまで、固体製造番号を持たないiPhoneにおいてデバイス認証を行うことは難しいとされてきましたが、iPhone3Gに搭載されている「UDID(Unique Device Identifier)」を利用することにより、デバイス認証が可能となりました。WisePointサーバに、事前にユーザ名と「UDID」をひもづけて登録し、このUDIDをユーザIDとして利用します。

「iPhoneデバイス認証機能」の追加による特長は次の通りです。

1.iPhoneデバイス認証とWisePointのワンタイムパスワード認証を組合わせることで、「物理」と「記憶」という二要素認証を実現。
2.デバイス認証がユーザIDの代わりとなるため、利用者がユーザーIDを入力する手間は不要。WisePoint認証のみで社内のWebシステムへアクセスでき(シングルサインオン機能)、入力作業が軽減されながらも、セキュリティを確保でき、利便性とセキュリティの両立を実現。
3.セキュリティ面でのサポートがより強固になり、ビジネスの機動力・生産性向上への貢献が可能。

本機能の販売ターゲットといたしましては、desknet'sやサイボウズなどのiPhoneに対応しているビジネスアプリケーションにおいて、主にセキュリティ強化の側面で利用を見込んでいる企業全般、医療分野や大学などを想定しております。2010年8月20日より販売開始、販売元はソフトバンクBB株式会社となります。また、今年度の出荷目標は、10,000ユーザライセンスを予定しております。

今回の機能追加に伴い、販売パートナーであるソフトバンクBB株式会社取締役常務執行役員の溝口泰雄氏は次のように述べています。
「ソフトバンクBB株式会社はファルコンSC社のWisePoint、iPhone版デバイス認証機能の提供開始を歓迎いたします。WisePointは全国規模で多くの導入実績を誇り、強固なセキュリティ機能によってビジネスシーンにおけるiPhoneをはじめとしたモバイルインターネットデバイスの活用を支える製品として期待しています。
ITと通信の融合を推進するソフトバンクBB株式会社は、今後もファルコンSC社を強力なビジネスパートナーとしてバックアップし、さらに充実したソリューションをお客さまに提供してまいります。」

【製品参考価格】
iPhone利用オプション価格 1,000円/ユーザ
※iPhoneデバイス認証機能は、「WisePoint」のオプション機能です。別途、WisePointライセンス3,000円/ユーザ が必要です。

※出荷開始に伴いまして、WisePointの既存ユーザ様向けに10月末迄のキャンペーンとして、1ライセンス通常価格1000円のところ500円でご提供させて頂きます。

【イメージングマトリクス認証利用時の認証例】
1.WisePointBrowser(iPhoneアプリ)を起動し、指定されたURL(WisePointサーバ)にアクセス
2.登録済み端末ID(UDID)が自動的にWisePointサーバへ送信される
3.デバイス認証完了
4.続けてイメージングマトリクス認証のイメージ表を表示
5.あらかじめパスワードとして決めたイメージ画像を順番に指でタッチするだけで、認証が完了


■ファルコンシステムコンサルティングについて
ファルコンSCは、2000年の設立以来、先進のセキュリティ技術とコンサルティング手法に基づき、利便性と安全性を考慮した、認証特化型セキュリティシステムの開発・販売を行っています。2003年4月にリリースしたWeb認証システム「WisePoint」を軸に、Radiusプロトコル対応「WisePoint Authenticator」等、認証強化ソリューションを展開しています。

★本件に関するお問合せ先
【ファルコンシステムコンサルティング株式会社】
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 かながわサイエンスパーク西612
営業本部 山下/伊藤 Tel:044-814-2512 

*本文中に記載の製品名はファルコンシステムコンサルティング(株)の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。