logo

AIGエジソン生命 全営業社員のパソコン・シンクライアント化完了!

AIGエジソン生命保険株式会社 2010年08月19日 17時36分
From PR TIMES

情報セキュリティ強化・運用効率の向上を目指し2010年8月までに3800台導入



 AIGエジソン生命保険株式会社(代表取締役社長:片岡 一則)は2010年5月より、全ての営業社員3300名を対象にしたノートパソコンのシンクライアント化を7月末までに完了いたしました。また8月末までに全国の機関長、支社スタッフ、代理店営業担当者等、さらに約500名分のパソコンをシンクライアント化します。

 このプロジェクトでは、新たな専用端末を導入することなく、現在使用しているノートパソコンを活用することを前提に技術の検討と導入を行い、営業社員へのシンクライアント化を実現しました。
 またこのシンクライアント化に合わせ、当社では全シンクライアントPC端末にモバイル通信環境を整え、機動力のある効率的な営業活動をサポートしています。


■シンクライアント化のメリット
1.情報セキュリティの強化:
 パソコンへのデータ保存ができないことから、データの持ち出しやパソコンの紛失・盗難など情報漏洩に関わる様々なリスクを回避することが可能となりました。さらに最新のウィルス対策はサーバー側で一括管理できることから、より高度で充実したセキュリティレベルを維持することができました。

2.システム運用・管理効率の改善およびコスト低減:
 個々のパソコンで管理されていた各種ソフトウェアを、サーバー側で一括管理することが可能となり、これまで営業社員一人ひとりが行なっていた様々なクライアント側での作業を廃止することができました。また、これまでに発生していたクライアント側での障害対応、端末修理、システム資産管理時に伴なう様々なコストを削減することができます。

3.ユーザー同士の情報共有や全社でのドキュメント管理を促進:
 個人情報に配慮をしながら、データの一元管理によるユーザー同士の情報共有や全社で一元的なドキュメント管理が可能となります。

4.クラウドコンピューティングの本格展開に向けた最適な環境:
 シンクライアントPC端末にモバイル通信環境を装備したことで外出先でのインターネット接続が可能となりました。(注1)
 こうした機能は全社導入を予定しているクラウドコンピューティングを最大限に活用、推進することに大きく寄与します。

 AIGエジソン生命では今後も最先端のIT技術を活用し、お客さま向けサービス拡充に向けて、様々な領域で取り組みを継続してまいります。

(注1) モバイル通信(シンクライアントPC⇔サーバ間)は秘匿性の高い通信網を利用しております。社内ネットワークを経由し、インターネットにアクセスすることで情報セキュリティを担保しております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。